2020年11月16日

第23回自まんこコンクール

13日(金)、農産物の出来を競う「自まんこコンクール」が
JA秋田ふるさと金沢(かねざわ)支店で開かれました。
今年で23回目となる「自まんこコンクール」は、
農産物を様々な角度から評価し、見て楽しむことで
農作業に生きがいを持ってもらおうと、
JA秋田ふるさとと女性部が毎年開催しています。
なお、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
関係者のみで行われました。

会場には、JA秋田ふるさと女性部員が栽培した、
見るも愉快な珍品野菜や大物野菜など135点が並び、
中には大人が両手で抱えきれないほどの白菜や、
根が何本にも分かれた大根などもありました。

IMG-0316.jpg

珍品部門でJA秋田ふるさと金沢支部 女性部長賞を受賞した
金沢保育園の担当者は「地域の方と園児たちが一緒に育てている
サツマイモが入賞して嬉しい。入賞したのは今回が2回目で、
地域に根差した保育園として受賞できて本当に良かった。
一緒に育ててくれた地域の方と園児たちに感謝したい。」と話しました。

こちらが金沢保育園の園児と地域の方々が育てたサツマイモ。
サツマイモを動物やキャラクターに見立てています!
IMG-0312.jpg

IMG-0313.jpg


JA秋田ふるさとの本間恒さんは
「コロナウイルスの影響で例年より出品数が少なかったり、
当日も来場者を制限して行うことになってしまったが、
無事に今年も開催できてよかった。
女性が元気に活躍できるようにと始まったこのコンクールで、
今年も趣向を凝らした作品が並んだ。
会場ではたくさんの笑顔が見られてとても嬉しい。」と話しました。
posted by 横手かまくらエフエム at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

今週のあぐりっこは?

毎週土曜日午前9時30分〜放送中!!
「アグリカルチャーあぐりっこ」
今回は横手市実験農場の回です!
10月30日〜11月3日に開催された第143回秋田県種苗交換会。
今年はどんな農産物を出品したのか?当日の様子などお話しを伺ってきました♪

ダウンロード.jpg

放送は11月14日土曜日 午前9時30分ころ
再放送は11月18日水曜日 午前8時15分ころ

ぜひお聴きください♪
posted by 横手かまくらエフエム at 11:47| Comment(0) | 番組、コーナー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

第52回よこて菊まつり開幕中

先月31日から、秋田ふるさと村をメイン会場に、一般社団法人横手市観光協会主催で「よこて菊まつり」が開催されています。
秋田県内の菊の愛好家が育てたさまざまな菊の花、およそ2300点が来場者の目を楽しませています。
よこて菊まつりは昭和44年から始まり、今年で52回目。横手市菊花展示大会と秋田県菊花展示大会も同時に開かれています。

秋田ふるさと村 彫刻広場には「大菊の三本立て」や「だるま作り」などさまざまな仕立ての菊が並んでいるほか、撮影スポットとしても人気の場面展示、アマビエをデザインした玉菊アートも見事です。

場面展示
IMG_0552.jpgIMG_0543.jpg

菊まつり委員長の遠山勝義さんは「無事に開催できて会員みんな喜んでいる。丹精込めて育てた菊の花を見て和んでもらえれば。今年は最終日まで見頃が続きそうなのでぜひ来てほしい」と話しました。

遠山委員長がこどもたちのためにつくったキリン。顔にはマスク。顔の部分は遠山委員長のシャツで作ったそうですよ
IMG_0548.jpg

横手市の中野眞市さんは、大菊厚物部門で最優秀賞である経済産業大臣賞を受賞しました。中野さんは「菊を育てて30年になるが受賞は初めて。励みになる。今年は気候変動の影響で開花時期を合わせるのが大変だったが、工夫したかいがあった」と喜びを語りました。
IMG_0546.jpg

種苗交換会に合わせた特別製仕立て。3色の千輪咲。
IMG_0544.jpg

よこて菊まつりの会期は11月9日までで、菊の展示は、横手駅と横手イーストでも行われています。
11月7日には、メイン会場の秋田ふるさと村で武将パフォーマー「清原紅連隊」のおもてなし公演があります。

横手市観光協会は、来場の際、新型コロナウイルス感染対策のため、マスクの着用や手指消毒、ソーシャルディスタンスへの協力を呼び掛けています。

私のような、菊に詳しくない人に遠山委員長から楽しむアドバイスをもらいました。
「菊の大きさ、形、花びらの揃え。自分好みのものを見つけてみては?」
posted by 横手かまくらエフエム at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

横手市増田まんが美術館20万人を達成

31日午前、横手市増田まんが美術館の来館者数が、去年5月にリニューアルオープンしてから、20万人を達成しました。
新型コロナウイルスの影響で臨時休館もあった中、来館者数が増加した要因について増田まんが美術館は、9/5〜10/4に開催したワンピース展の集客が大きかったこと、県内の学校の修学旅行先に選ばれたことを挙げています。

来館者20万人目となったのは、横手市境町の木村久美子さん親子。
木村さんにはプレートと記念品が贈呈されました。

橋大横手市長から贈呈
DSCN2708.JPG

伊藤孝俊横手市教育長からも
DSCN2716.JPG

木村さんは、「今年2回目。とてもすばらしい施設で、今度は孫を連れて来たい」と喜びました。
DSCN2719.JPG

橋大横手市長は「コロナ禍の中、こんなに早く20万人を達成するとは思わなかった。増田のまちなみと相乗効果が生まれてきているので、今後もその流れを意識してまちづくりに取り組みたい」と話しました。

横手市増田まんが美術館では、明日から11月4日まで、20万人達成キャンペーンとして先着で日替わりの記念品を配布します。
11/1.11/3は、不織布のツートンカラートートバッグ。11/2.11/4は、レザー調付箋ブック。
どちらも非売品です。



posted by 横手かまくらエフエム at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

第143回秋田県種苗交換会が始まりました!

第143回秋田県種苗交換会が今日から横手市を会場に開幕しました。

主会場の体育館前で行われたオープニングセレモニー、まずはキャッチフレーズの表彰が行われました。
DSC07224.JPG

第143回秋田県種苗交換会の斉藤一志会頭は
「今日ここ、横手体育館には県内各地の農家が丹精込めて生産した優れた農産物が多数出品・展示されている。ぜひ横手市を舞台にした歴史と伝統を誇る農業の祭典により、多くの皆様から本県農業の底力を感じていただき、食と農への理解がますます深まることを大いに期待している。」


横手市協賛事業実行委員会会長の橋大横手市長は「コロナ禍で工夫を凝らしながらスタッフ一同準備してきた。今後も永続的に農業が発展するように時代に合わせた取り組みも実践しつつ、農家の市場の動向もしっかりとらえつつこの地域の農業が発展するように、農家と一体になって取り組みたい。」と今後の横手市における農業の展望などを話しました。

DSC07237.JPG

DSC07244.JPG

DSC07249.JPG

また、主会場となる横手体育館では農産物出品展示や学校農園展示、協賛第1会場では農工商フェア、協賛第2会場の秋田ふるさと村第3駐車場ではJA女性部食堂や横手焼きそばなどの出展があり、横手を大いに楽しめるイベントとなっています。
ダリアを見ていた市内からお越しの赤川さんは「花が好きなので、今朝思い立ってきた。花の進化がすごくて興奮した!」
また、親子3人で会場を訪れていた佐々木さんは「高橋一郎さんの歌を聴きに来た。漬物を買った。主会場では大きな梨や見事なアルストロメリアを見た。買えたら買いたいくらい!」と話しました。

第143回秋田県種苗交換会は11月3日水曜日まで横手市で開催されています。
posted by 横手かまくらエフエム at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする