2018年09月14日

被災地へ職員派遣

DSC03015.JPG
この度の北海道胆振東部地震を受けて、横手市は18日から北海道むかわ町に職員を派遣することになりました。
派遣されるのは市役所税務課の職員4名で9月18日から10月3日までの期間2班に分かれて活動します。
現地では罹災証明書の発行や避難所の運営などを支援する予定です。
派遣に先立ち、14日横手市役所で派遣される職員へ市長から訓示がありました。
高橋大横手市長は「現場がどのような状況かわからないがどうか自身の安全をしっかり確保したうえで足手まといにならないように精いっぱい現地での応援に尽力してほしい。皆様が現地で頑張った経験は必ずいずれ役に立つ。」と被災地へ派遣される職員を激励しました。
DSC03016.JPG
posted by 横手かまくらエフエム at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

わくわくモーモースクール

今日午前、横手市浅舞雄小学校で出前授業
「わくわくモーモースクール」が開催されました。

秋田県牛乳普及協会の主催、横手市農業委員会と食農教育推進委員会の共催で、
こどもたちが直接牛とふれあい、搾乳体験や仔牛への哺乳、バター作りを体験することで命の温もりを感じ、食に安心を持ってもらうことを目的に毎年行われています。

今日は、浅舞小学校の二年生40名が、
横手市内の酪農家・千葉肇さんの指導で搾乳体験、子牛との触れ合い、
そしてJA秋田全農の佐藤みどりさんの指導でバター作りを楽しみました。

千葉さんのあいさつ。そして牛さんクイズ!!
みんなよく勉強してた・・・
(私にはわからなかった)

DSC03792.JPG

DSC03802.JPG

搾乳中。怖くてできない児童もいました。(ですよね)

DSC03806.JPG

聴診器で心音を聴いています。牛も生きている・・・

そしてバターづくり。

DSC03811.JPG

もしもしかめよ〜♪かめさんよ〜♪のうたに合わせて
牛乳より脂肪分の多いミルクを上下左右にシェイク!

DSC03816.JPG

そのあと割り箸でぐるぐる混ぜる!
すると固まってくる。

DSC03818.JPG

そこからもう少し混ぜると、水が出てくる!
不思議!

この水がヨーグルトの上の水でおなじみの「ホエー」
固形の部分がバターです。

私もやりましたが、結構たいへんな作業でした。
腕が疲れるー
でも純粋なミルクの味のバターになりました!
コクはあるのに余計な味がなにもしない。
クラッカーにつけて食べました。

DSC03809.JPG

うまい。

みなさん、おつかれさまでした。

DSC03825.JPG

posted by 横手かまくらエフエム at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大森ワイン用ぶどうの出発式が行われました。

今日午後、JA秋田ふるさと八沢木低温倉庫前で
平成30年産「大森産ぶどうのワイン」用ブドウの
出発式が行われました。

IMG_4594.JPG


IMG_4604.JPG

大森地域では、現在8名の農家が
ワインの原料となるブドウを生産しています。

作っている品種は白ワイン用の
「リースリング」と「ケルナー」です。

IMG_4583.JPG


大森ワインぶどう生産組合 組合長の大田幹夫さんは、
IMG_4595.JPG

「今年は、昨年からの大雪で、ぶどう棚が壊れ、
修復作業が大変だったが、
皆で協力して出荷の日を迎えることができた。

また、この夏は、高温で雨が少なかったため
糖度が上がり、そのまま食べてもおいしいブドウができた。

無事に山梨の工場に届くよう交通と輸送の安全を願う。
おいしいワインになって戻って来るのを楽しみに待ちたい。」
と、挨拶しました。

収穫は今月11日から始まり、今が最盛期です。

収穫されたブドウは、
今日から10トンずつ3回に分けて、
山梨の「シャトーメルシャン勝沼ワイナリー」へ出荷されます。

山梨からのドライバーさんへ花束とお土産贈呈
IMG_4597.JPG


来年5月に「大森産ぶどうのワイン」の甘口・辛口、
スパークリングワインなど5種類のワインとなり
全国に向けて発売されます。

出発式会場は、ぶどうの香りでいっぱいでした。
今夜は、ワインが飲みたくなりました。

2018.9.13    高橋 薫



posted by 横手かまくらエフエム at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あま〜いすもも!

毎月第2・第4木曜日、午前7時半〜放送
「横手のおいしいみっけ」

横手市の提供でお送りする「横手のおいしいみっけ」は、
横手のおいしいものを見つけていく、食農推進PR番組です。

今日9月13日(木)は「すもも」をご紹介!

今回お話を伺ったのは、平鹿町醍醐の石川果樹園 石川優さん。
すもも栽培に取り組み始めたきっかけやおいしい食べ方などをお聞きしました!

石川さん引き.jpg

「すももは酸っぱい!」というイメージを
持たれている方も少なくないのではないでしょうか?
でも実は、今栽培されているすももは驚くほどに甘いんです!



放送は9月13日(木)午前7時半〜
再放送は、同日午前11時5分〜です。



横手のおいしいみっけ、皆さまぜひお聴きください!
posted by 横手かまくらエフエム at 05:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

秋田ふるさと村新型トレインの名は?

今日午前、秋田ふるさと村で新型トレインの命名式と出発式が行われ、
新型トレインの愛称は「マックストレイン ノブくん号」と発表されました。
DSCN1463.JPG

式には、県や市関係者の方々が出席。
命名式で、秋田ふるさと村 代表取締役社長 粟津尚悦さんは「新たな魅力が加わった。安全安心を第一に末永くたくさんの人に愛してもらえるロードトレインになるようにしていきたい。これからも秋田県の観光文化の拠点として頑張っていく」と話しました。
また、橋大横手市長は、「いい方向で進化・発展していくことを願っている。多くの人たちに愛されることを市としても応援していく」と述べました。
DSCN1465.JPG

新型トレインの愛称募集は7/8から実施されており、159点の応募の中から秋田市のさわきともこさんの「マックストレイン ノブくん号」が選ばれました。
車体の色は、投票で決まったワインレッドを基調とし、ゴールド・グリーン・クリームの4色で高級感ある仕上がりです。3両編成で23人乗車可能。
DSCN1450.JPG

シートもウレタンクッション入り。レザー張りのベンチシート。お尻が痛くない
DSCN1522.JPG

さらに最後尾には収納式のスロープがあり、車いすのまま乗車できます。
DSCN1519.JPG

ミズモもここから乗れました。みっちり。
DSCN1543.JPG


ご当地キャラも駆け付け、横手南中学校吹奏楽部がブラスアンサンブルの演奏で華を添えました。
DSCN1498.JPG

出発式では、新型トレインの前でテープカットが行われ、花火の音とともに家族連れらを乗せた一番列車が出発しました。
DSCN1473.JPG

「マックストレイン ノブくん号」は、およそ15分かけて村内を1周します。
豊かな自然と風光明媚な横手の眺望に、乗客たちは感動の声をあげていました。
DSCN1533.JPG

DSCN1536.JPG

まひろちゃん2歳。楽しかった〜とポーズ。
DSCN1516.JPG

木のトンネル〜と喜んでました。ゆうとくん6歳。
DSCN1527.JPG

窓も列車っぽいつくり。もちろん開きます。
DSCN1525.JPG

現在、秋田ふるさと村では車体に取り付ける側面デザインを9/23まで募集しています。
詳しくは、秋田ふるさと村までお問い合わせください。


posted by 横手かまくらエフエム at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする