2018年02月15日

横手南小学校ミニかまくら作り

今日午前、横手南小学校で、全校児童による
「ミニかまくら作り」が行われました。
IMG_3593.JPG
横手南小学校の「ミニかまくら」は、
今日明日開催の「横手の雪まつり」の
見どころの一つとなっています。

およそ20年前、横手南小学校の児童会活動で子どもたちが
校庭に「ミニかまくら」を作ったのが始まりとのことです。
IMG_3590.JPG
出来上がった「ミニかまくら」の中には、
児童1人1人が願い事を書いた
「水神様カード」が入れられました。
IMG_3588.JPG
今日は、1年生と6年生、2年生と4年生、
3年生と5年生がそれぞれペアになり、
IMG_3594.JPG
協力しあって1人1基、
全部で600のかまくらが作られました。

今日明日、夕方5時頃「横手南小学校ミニかまくら」に火が灯ります。
IMG_3599.JPG

2018.2.15     高橋 薫
posted by 横手かまくらエフエム at 14:49| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

「横手の森林を守る活動」に貢献した企業への 証明書授与式

今日午前、横手市役所本庁舎で「横手の森林を守る活動」に貢献した企業への
証明書授与式が行われました。

今回、証明書が授与されたのは、「横手Jクレジット」を購入した
北日本索道株式会社、吉田建設株式会社、株式会社北都銀行の3社です。

横手Jクレジットは横手市と、横手市森林組合森林吸収共同プロジェクト推進協議会が
発行。その購入費用は横手の森林整備に充てられます。

横手Jクレジットを購入したことにより、
北日本索道株式会社は、スギ素材の製材加工や、チップ生産製造時のCO2排出量が、
吉田建設株式会社は昨年7月に発生した大雨災害の復旧工事において使用された
重機のCO2排出量が、それぞれオフセットされます。

また、株式会社北都銀行は「横手の森林を守る活動」のロゴシールを購入。
ロゴシールが貼られた新規発行通帳1冊につき1円が横手の森林資源に還元されます。

北日本索道株式会社 代表取締役 兼子富一さんは、
「雄物川に工場がある。森林資材をつかった事業を展開している。
地域の森林に還元できればと思い『横手Jクレジット』を購入した。
これからも継続していきたい。」とコメントしました。
IMG_3573.JPG


吉田建設株式会社 常務取締役 吉田昌平さんは、
「地域に根ざした企業を目指している。重機等を使う仕事が多く
CO2を排出している業界なので少しでも森林環境に貢献したく、
今回初めて『横手Jクレジット』を購入した。」とコメントしました。
IMG_3580.JPG


株式会社北都銀行横手支店長 佐藤純悦さんは、
「わが社は、横手市に育ててもらった。横手市の身近な取り組みに
貢献できればという思いで『横手の森林を守る活動 ロゴシール』を購入した。
新規通帳に貼るので、お客様が通帳を見るたび横手の森に
思いをはせてくれればうれしい。」とコメントしました。
IMG_3586.JPG


IMG_3539.JPG
↑こちらがロゴシールです。朝倉小学校 須摩剛斗さんのデザインが採用されました。

1シート50枚単位で販売しています。
1枚14円のシール1シート700円。
1枚につき10円が森林支援に充てられます。

1枚5円のシール1シート250円。
1枚につき1円が森林支援に充てられます。
IMG_3542.JPG
個人で買って、こんなふうに自分の持ち物に貼って
気軽に環境貢献することもできますよ。
IMG_3545.JPG
横手市と横手市森林組合森林吸収共同プロジェクト推進協議会は、
CO2を吸収してくれる横手の森林を将来にわたって守り続けていくため、
森林整備の一部費用をCO2排出権「横手Jクレジット」
として購入していただく「カーボン・オフセット事業」に取り組んでいます。

詳しくは、横手市農林部 農林整備課 0182−32−2114まで
お問い合わせ下さい。

「カーボン・オフセットで横手の森を守る!」明日の放送は、
「横手の森林を守る活動」ロゴマーク全応募作品展示会について
お届けします。 ぜひ、お聴きください♫

午前7時半〜です。

2018.2.14    高橋 薫



posted by 横手かまくらエフエム at 15:43| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

雄勝の雪まつり開催中!

今夜、湯沢市R13号沿いにある「小町の郷公園」で
雄勝の雪まつりが開催されています。
カラー雪像コンテスト、作品の一部をご紹介します。

IMG_3546.JPG
ひふみん

スホラン
IMG_3550.JPG

バンダビ
IMG_3552.JPG

シャンシャン親子
IMG_3554.JPG

IMG_3556.JPG

イカ
IMG_3548.JPG

サル
IMG_3565.JPG

んだっち
IMG_3555.JPG

他にもいろいろ!
IMG_3557.JPG

IMG_3561.JPG

IMG_3563.JPG

IMG_3558.JPG

IMG_3560.JPG

作品のごく一部をご紹介しました。
今年も、力作揃いです。

会場(小町の郷公園)はこんな感じです。広すぎて全体を写すことができません。
IMG_3567.JPG

少し雨が降ってきましたが、雄勝の雪まつりは今夜9時までです。
屋台もたくさん出ています。
8時半からはお菓子まきも行われますよ♪

2018.2.10      高橋 薫










posted by 横手かまくらエフエム at 19:57| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

いぶりんピック開催!

1J5A9927.JPG
横手市の特産品、いぶりがっこの出来栄えを競う第12回「いぶりんピック」が今日、横手市山内の山内公民館で開催されました。

いぶりんピックは生産者の交流と技術と品質の向上のために行われています。

今日は天然由来の添加物のみを使用し、出場者自らが生産したいぶりがっこを競う「いぶりがっこクラシカル部門」、いぶりがっこを含め、燻した食材を活用した創作メニュー「いぶりフリースタイル部門」が行われました。
「いぶりがっこクラシカル部門」では横手市内の生産者が作った14品が出場。審査員がそれぞれの味、見た目、歯ごたえを真剣な表情で審査。会場にはパリパリとおいしそうな音が響きました。
1J5A9935.JPG審査する橋市長ら

審査の結果、クラシカル部門金賞には山内土淵の木村よし子さん67歳が選ばれました。
1J5A9975.JPG金賞の樽を受け取る木村さん
木村さんは、「うれしいです。うちは薄味塩分控えめに、また、あまり燻さないように温度に合わせて燻してる。これからも頑張って続けていきたい。」と話しました。

木村さんは今回で2回目の金賞でした。
また、フリースタイル部門の最優秀賞は高橋キヨ子さんが受賞しました。
1J5A9991.JPG出場者と審査員で
posted by 横手かまくらエフエム at 15:28| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

横手南中「わが町の防災マップ作り教室」開催

今日午後、横手南中学校で「わが町の防災マップ作り」が行われました。
IMG_3515.JPG
様々な地域で様々な自然災害が多く発生している昨今、
授業の一環として開催され、旭小学校区・栄小学校区・横手南小学校区 
各地域に分かれ、南中1年生39人が参加しました。

講師を務めたのは総務省消防庁認定の図上訓練指導員で
一般社団法人「減災アトリエ」代表理事の鈴木光さんです。

始めに、鈴木さんが災害って何?と生徒に問うと
「土砂くずれ」「地震」「火事」などと、次々に答えがとびかいました。
その後、実際に起きた災害の映像が映し出され、
鈴木さんのアドバイスのもと「マイ・防災マップ」作りが始まりました。

生徒たちは、真剣に自分の住んでいる地域の地図に近くの川や、
避難に適した大きな道路に分かりやすく色を付け、
また、指定避難所や災害時に役立ちそうな施設、
災害時に手助けが必要だと思われる家にシールを貼っていきました。
IMG_3521.JPG

作り終えた男子生徒は「普段から近所の人とコミュニケーションをとり、
災害時に助け合えるようにしておくことが大切だと思う。」と感想を述べました。

IMG_3524.JPG
↑最後に生徒たちに配られました。
皆さんも考えてみてはいかがでしょうか。
私だったら、何ができるかなあ・・・

講師の鈴木さんは、「助けられる人から、助ける人になって下さい。
でも、その前に自分の安全が第一。災害を『自分ごと』に。
自分の生活している地域の性格を知り、
災害時のイメージを持つことが防災・減災の最初の一歩である。」
とコメントしました。

授業終了後、生徒に配られた備蓄用のパン
IMG_3526.JPG

2018.1.30      高橋 薫





posted by 横手かまくらエフエム at 18:33| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする