2017年04月24日

大雄産ホップでグリーンカーテンを造ろう!@大雄小学校

今日、大雄小学校で
「横手大雄産ホップでグリーンカーテンを作ろう@大雄小学校」
が開催されました。

これ、ホップの苗です↓
IMG_1867.JPG
横手市大雄地域は、日本屈指のホップ栽培地で、
これまで46年にわたり良質なホップを
生産してきました。

・・・が、現在ホップ生産者の高齢化や後継者不足により
ホップの生産量は減少傾向にあり
地域資源の衰退の危機に直面しています。

そこで、横手市および大雄ホップ農業協同組合と
キリンビール株式会社秋田支社・キリン株式会社は、
横手の伝統ある作物「ホップ」を守るため、
ホップ生産量を維持する活動を協働で行うことになった・・
とのことです。

その活動の一環として横手市の農業の魅力を
地元の小学生に知ってもらい、
横手市大雄産ホップを地元の誇りに感じてもらえるよう、
大雄産ホップを使ったグリーンカーテンを作ることとなりました。

今日は、ホップだけでなく横手市の重点振興作物「アスパラガス」や、
地域に根付く食文化「麹」についての勉強会がありました。
IMG_1854.JPG

IMG_1855.JPG
横手の食・農産物勉強会 講師陣の皆さん↑あっ!「くらを」の女将百合ちゃんの姿も!

大雄産アスパラガスの試食の様子
IMG_1864.JPG

IMG_1860.JPG
まずはそのまま味わって、その後、
三種類の味噌をつけていただきます。
IMG_1857.JPG
どの味噌が美味しかったかな?



勉強会終了後、職員室前の花壇で
グリーンカーテンを作るための「ホップの苗植え」が
行われました。
IMG_1880.JPG
大雄ホップ協同組合長 皆川さんに教わった通り、
丁寧に植えていきます。
IMG_1875.JPG


ホップの苗植えを体験した4年生の児童は、
「僕のおじいちゃんもホップを作っている。
こんなふうに植えているんだということがわかりよかった。」
「ホップや、野菜・くだものの生産量が秋田県内で
横手が一位と知ってすごいと思った。」と感想を述べました。

今日植えつけられた苗は、5月に発芽し、6月にツルが伸び、
7月に毛花が咲き、8月にまり花(まりばな)となり収穫期を迎えます。

りっぱなグリーンカーテンになるまで、
大雄小学校4年生が水やりなど行いながら
経過成長を見守ります♪

IMG_1882.JPG
今日は、お天気が良くて良かった!
美しい鳥海山がくっきり見えていました。
桜は5分咲きくらいでした♪


ホップは、大人が飲む「ビール」の味や香りの素となるものです。
枕の中に入れるとぐっすり眠れるという効能もあるそうです。

※今週土曜日4月29日午前9時半〜の「あぐりっこ」と、
 少し先になりますが5月25日(木)の
午前7時半〜と午前11時5分位〜
「横手のおいしいみっけ」で、
今日の様子をお伝えする予定です。

2017.4.24    高橋 薫


posted by 横手かまくらエフエム at 18:44| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

横手南中学校インドネシア勉強会

今日午前、横手南中学校で、
インドネシアについての勉強会が行われました。
IMG_1850.JPG

横手市は、2020年の東京オリンピックのホストタウンに指定され、
インドネシア・バドミントンチームの誘致を目指しています。

また、横手南中学校では、来月の修学旅行で2グループ10人の生徒が、
インドネシア大使館を訪問します。

今回の勉強会は、その一環として行われました。

講師は、日本に来て16年、インドネシア出身の戸田エレナさんと、
横手市秘書広報課 中村 元さん。
IMG_1842.JPG
エレナさんがまとっているのは、一枚布でできている「ジルバブ」
中村さんがかぶっているのは「ぺチ」着ているのは「バッティク」とのことです。

勉強会は、インドネシアの衣装をまとった二人の対話形式で進行。

生徒たちはインドネシアの歴史・地理・宗教・食べ物などについて楽しく学びました。
IMG_1836.JPG

「インドネシアの人口はどんどん増えていて、
現在、日本の約2倍の2億5500万人で、
平均年齢は27.8歳」
との話に、生徒からは驚きの声が上がりました。

大使館を訪問予定の生徒たちからは、
「インドネシアの人と接する時に気を付けなければいけないこと、
やってはいけないことを教えてほしい。」
「インドネシアにおける日本の認知度は?」
「エレナさんが日本に来て一番驚いたことは?」など、
様々な質問がとびかいました。

以下は、講師の戸田エレナさんからのメッセージです。
「オリンピックでインドネシアのバドミントン選手が横手に来ることはうれしいこと。
インドネシアの人を見かけたらスラマ・スィアン(こんにちは)と声をかけてください!」

横手南中学校3年生の榎優華さんは、
「今日は、インドネシアのことについて深く知ることができた。
修学旅行では大使館を訪問し、インドネシアの文化をもっと知りたい。」

同じく横手南中学校3年生の高橋 勇輝さんは、
「ぜひ、横手をホストタウンに選んでもらいたい。
そして2020年は、インドネシアの方々を皆で歓迎したい。」
と話していました。

横手南中学校3年生修学旅行団は、
来月2泊3日の予定で東京方面に出発。
そのうち生徒10人が、東京都品川区五反田にあ
「インドネシア大使館」を訪問します。

気を付けていってきて下さいね。

私は、インドネシアの料理のお話が興味深かったです。

例:ナシゴレン→チャーハン
  サテ→やきとり
  ミーゴレン→やきそば

エレナさんは、2000年にこちらに来られたとのことですが、
日本語がとてもお上手でした。

時々は、母国にお帰りになるのでしょうか。

2017.4.20      高橋 薫

posted by 横手かまくらエフエム at 15:27| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

桜開花!

横手公園の標本木の桜が開花しました!
去年より3日遅い開花でした。

DSC00278.JPG
午後1時過ぎの標本木の様子。

風が強くてうまく撮れませんでした。。。

DSC00280.JPG
お城の下のあたりはもう少し咲いていました。

いよいよ春本番ですね!
posted by 横手かまくらエフエム at 15:45| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

桜田マコト&阿桜酒造『雪櫻』ミニライブ♪

今日午後、横手市大沢にある阿桜酒造の蔵の中で、
青森県十和田市在住のシンガーソングライター桜田マコトさんの
ミニライブが行われました。
IMG_1775.JPG

3年前に発表された桜田マコトさんの曲「雪櫻」のイメージをもとに、
阿桜酒造がじっくりと時間をかけて仕込んだ、
純米大吟醸無濾過原酒「雪櫻」の
完成発表会としてのライブです。

プロデュースした、山陰さんは、
「桜田さんの『雪櫻』を初めて聞いたのは3年前。
暗闇に光るあでやかな美しさを感じた。これを日本酒にしてみたいと思った。
酒と音楽の感性が交わってできた日本酒。
多くの皆さんに味わっていただきたい。」と話しました。

試飲会の後、桜田マコトさんのミニライブがおこなわれ、
桜田さんは、今日のイベントのテーマである『雪櫻』を含む4曲を
自らのピアノ弾き語りで熱唱しました。

5月7日には、秋田市でライブが行われ、横手市でのライブも企画中とのことです。


純米大吟醸無濾過原酒「雪櫻」は、
限定240本が4月14日から販売開始となります。
IMG_1782.JPG

阿桜酒造でのライブの前には、
横手かまくらFMにも遊びに来てくれました!
IMG_1767.JPG
はぴ☆サタ出演中の桜田マコトさんとプロデューサー山陰さん
パーソナリティーのみなみちゃんとDJサトシさんとともに

桜田マコトさんの番組『桜田マコトのPower Of Music』
は、横手かまくらFMで水曜日 夜9時〜放送中です。


2017.4.8      高橋 薫
posted by 横手かまくらエフエム at 16:29| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

サケの稚魚放流体験会

今日、4月2日午前10時から、サケの稚魚の放流体験会が、
横手川の蛇の崎橋下流で行われました。

サケの稚魚の放流は、横手川水辺のふれあいフェスタ実行委員会と横手南ロータリークラブの共催で毎年開催されており、今年で12回目です。
今日は暖かい春の日差しのもと、60名ほどの親子が参加し、
2万匹のサケの稚魚を放流しました。
1J5A4765.JPG
参加した子どもたちは、
「帰ってきてね」と声をかけながら、
稚魚をやさしく横手川へ流しました。
1J5A4770.JPG
サケはこの後10日ほどで日本海に出て約4年で帰ってくるそうです。
1J5A4775.JPG
posted by 横手かまくらエフエム at 10:55| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする