2018年04月27日

今日、横手南中学校で「統合記念式典」がとりおこなわれました。

今年度、横手市立山内中学校が横手市立横手南中学校に編入統合したことを記念して、
今日午後、横手南中学校で「統合記念式典」がとりおこなわれました。

IMG_3853.JPG

主催は横手市教育委員会です。

始めに、橋大 横手市長が「人口減少が進む中、
子どもたちが心身共に健やかに育つよう
学習環境を整えるのは私たちに課せられた大きな使命。
二つの中学校それぞれの歴史や校風を受け継ぎ、
互いを尊重しあい、新しい伝統を作って下さい。」と式辞を述べました。

次に、佐々木孝雄校長が「この統合により横手南中学校は新たな風、
さらなるマンパワーを得た。今年度は、南中新時代の幕開け。
これからの南中を作っていく主役である皆さんに大いに期待する。」
と挨拶しました。

その後、生徒代表4人による誓いのことば「南中宣言2018」の発表があり、

IMG_3844.JPG

最後に校歌「ひとすじの道」を参加者全員で合唱し、閉式となりました。

IMG_3857.JPG

この春、横手南中学校は山内地区から48人の生徒を迎え、
全校生徒542人でスタートしました。

校歌「ひとすじの道」の合唱は素晴らしかったです!

録音させていただきました。

来週の「よこてBOEチャンネル」で、放送いたします。
ぜひお聴き下さい。

また、「ぼくらの先生」のコーナーでは、
横手南中学校 若松教頭先生に登場いただきます。

お楽しみに♪

放送は、5月1日(火)午前7時半〜
再放送は、5月2日(水)午前7時10分〜です。

2018.4.27 高橋 薫





posted by 横手かまくらエフエム at 16:27| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

「地域で学べ!農業技術研修生」入耕式がとりおこなわれました。

今日13日午前、横手市大雄にある横手市実験農場で
「H30年度 地域で学べ!農業技術研修生」の入耕式がとりおこなわれました。
今年度新しく入った研修生は7人です。
IMG_3768.JPG

IMG_3748.JPG
 
始めに橋大横手市長が「複合農業日本一・強い農業を目指している横手市の
新たな戦力になっていただきたい。この実験農場で様々なことにチャレンジし、
多くを吸収してほしい。」と挨拶しました。
IMG_3751.JPG

また、県平鹿地域振興局農林部 福田部長は、
「自分の経営目標を持ち、指示を待つのではなく何事も自分から挑戦し、
仲間を作り、健康に気を付けがんばっていただきたい。」

JA秋田ふるさと 柴田副組合長は、
「農業に関心を持つ若者が増えてうれしい。どう育てていくかが課題です。
皆さんの活躍を期待している。」と、激励しました。

この春、福島からUターンしてきた、新研修生の山内地域在住
永沢さんは、「子どもたちに、農業は夢のある職業だ
ということを見せられるようにがんばりたい。」と、
決意表明しました。

横手市実験農業では毎年、
農業技術を習得し就農に活かそうとする研修生を受け入れています。

新研修生の皆さんの決意表明やインタビューは、
毎週土曜日午前9時半〜放送中の
「あぐりっこ」のコーナーで後日お届けする予定です。

どうぞ、お楽しみに♪

2018.4.13     高橋 薫





posted by 横手かまくらエフエム at 13:16| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

香港の少年サッカーチームが横手に来ています!

香港の少年サッカーチーム「HAPPY MAKER FC」の
メンバー14人が来日しています。

今回の日本遠征地には、東北初、秋田県横手市が選ばれました。


一行は30日に秋田空港に到着し、すぐに横手に移動。
横手体育館で横手FCメンバーとフットサルの練習で汗を流しました。

IMG_0553.jpg

今日31日は、横手体育館で、フットサル交流試合が行われ(横手FC主催)
横手FCのほか、十文字FC、大森のサクラFC、湯沢FCが参加し、
英語と日本語を交えた試合で国際交流しました。

IMG_3686.JPG

IMG_3687.JPG

IMG_3691.JPG

香港は暖かい気候で、屋外での活動が多く、
室内で行う「フットサル」は、初めての体験だそうです。

IMG_3704.JPG
交流試合終了後、サッカー・フットサルブランドのRIBERTOからプレゼントされた
オリジナルTシャツをうれしそうに着るHAPPY MAKER FCの子どもたち
IMG_3706.JPG


「HAPPY MAKER FC」の皆さんは、
明日1日は、J3ブラウブリッツ秋田のホームゲームを観戦。

2日以降は、横手体育館でニュー・スポーツを体験したり、
納豆工場やリンゴジュース加工工場を見学、
秋田ふるさと村を経て4日に帰国予定です。

※4月4日(木)午前7時半から、
「HAPPY MAKER FC」代表のアーロンさんと、
「HAPPY MAKER FC」の子どもたちの声、
交流試合主催の横手FC佐藤悠樹監督、
そして参加した横手FC、十文字FC、大森のサクラFC、湯沢FC
キャプテンの皆さんへのインタビューを放送します。

香港の子どもたちは、英語と中国語、
横手の子どもたちは片言の英語。

混合チームでの試合も行われました。
子どもたちは、どのようにしてコミュニケーションを図ったのでしょうか。
IMG_3697.JPG

ぜひ、お聞き下さい♫

IMG_3708.JPG
アーロンさんと佐藤監督も仲良く交流

こちらは、アーロンさんからいただいた香港のお土産
陳皮花核應子というスモモのお菓子です。
IMG_3713.JPG
香港名物とのこと、
甘酸っぱくてとてもおいしかったです!

ありがとうございました。


2018.3.31     高橋 薫
posted by 横手かまくらエフエム at 18:28| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

「横手の森林を守る活動」ロゴマーク全応募作品展示会開催中!

横手市内の小中学校の児童生徒を対象に募集した
「横手の森を守る活動」ロゴマークのデザインに
応募があった全ての作品の展示会が開催されています。

IMG_3634.JPG

場所は、横手市交流センターY2プラザ1階オープンスペースです。

IMG_3643.JPG

IMG_3645.JPG

IMG_3642.JPG

IMG_3641.JPG

IMG_3638.JPG


IMG_3637.JPG

IMG_3640.JPG

子どもたちの力作!ぜひご覧ください。


その中で、最優秀賞に輝いた朝倉小学校 須摩剛斗さんの作品が↓
IMG_3649.JPG

↓シールになりました!
IMG_3653.JPG

IMG_3651.JPG

IMG_3658.JPG

このロゴマークのシールが貼られた商品を購入することで、
1商品につき1円または10円が横手の森の間伐や植林など、
森林の整備費用に充てられ、誰でも気軽に横手の森を守ることができます。

この活動を「カーボン・オフセット」といいます。
IMG_3644.JPG
カーボン・オフセットについて、
詳しく説明しているコーナーもあります。IMG_3646.JPG

横手市と、横手市森林組合森林吸収プロジェクト推進協議会は、
今年度の「カーボン・オフセット大賞」で、
全国1位にあたる農林水産大臣賞を受賞しています。
IMG_3647.JPG

その他「ウッディさんない」で作られた木製品の展示販売も行われています。
IMG_3625.JPG

IMG_3626.JPG

IMG_3628.JPG

IMG_3629.JPG

IMG_3648.JPG

まな板や、ベンチ、鉢植えを置く台などもありました。

もちろん、全ての商品に、購入すると横手の森に貢献できる
「ロゴシール」が貼られています。

山内いぶりがっこも登場!こちらにも「ロゴシール」が貼られています。
IMG_3654.JPG

この展示会は、明日4日(日)までです。
時間は、午前10時〜午後4時までです。

入場は無料。

会場いっぱいに木の香りが広がっています。
ぜひ、足をお運びください。

2018.3.3     高橋 薫

posted by 横手かまくらエフエム at 16:17| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

横手市発酵フォーラム開催

今日午後、松與会館で
「秋田が誇る健康パワー!こんなにすごい秋田の発酵食文化」が、
開催されました。

これは秋田銀行が運営している「あきぎん長活き学校」と
「秋田県教育委員会」が連携して行っている事業で、
2回目の今日は、よこて発酵文化研究所、横手市農業ブランド創造課が協力し
「横手市発酵フォーラム」と合同で開催されました。

始めに、長年がんの予防について研究している
広島大学名誉教授の渡邊敦光氏が
「味噌力 味噌でがん予防」をテーマに講演しました。

IMG_3605.JPG

味噌汁の試飲会。
※わが家の味噌汁よりかなり薄味でした。
 これくらいの濃度の味噌汁を1日3杯飲むとよいのだそうです。

IMG_3607.JPG

秋田大学生のいぶりがっこ作り「いぶりばでぃ」の取り組みの発表や

IMG_3613.JPG

トークセッションが行われ、

IMG_3615.JPG


最後に添加物をつかった
「いぶりがっこ」とIMG_3620.JPG

無添加の「いぶりがっこ」の食べ比べが行われました。
IMG_3621.JPG

試食した40代の女性は「添加物なしのものは、燻製の香りがとてもよい。
添加物を使用したものは、味もよく食べやすい。好きずきだと思うが、
作っている人それぞれの個性的な味を楽しめるのが、
大量生産できない山内地区のいぶりがっこのよいところだと思う。」

また、横手清陵学院高校家庭クラブ2年生の生徒は
「部活の先生に勧められて参加した。今日の講演を聞いて、
味噌の塩分が体に悪いというのは誤解だとわかった。
みそ汁は毎日欠かさず飲もうと思う。」と、感想を述べました。

今日は、よこて発酵文化研究所が研究開発している味噌の販売も行われ、
大勢の参加者が買い求めていました。

味噌は、2年ほど熟成させたものが最もよいとのことです。

「ご飯とみそ汁に戻りましょう。」
「カレーに味噌」
↑講師の渡邊先生のお話で心に残った言葉

2018.2.24    高橋 薫



posted by 横手かまくらエフエム at 17:37| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする