2021年09月20日

伝統を次代へ!横手市創作子ども歌舞伎 

週末、横手市立十文字小学校 体育館 特設芝居小屋で「横手市創作子ども歌舞伎」が上演されました。
これは横手市と横手市創作子ども歌舞伎実行委員会が主催したもので、「横手を学ぶ郷土学事業」の一環として地域に住む誇りと喜びの醸成をはかるとともに、次代に語り伝える環境づくりを目指しています。

★IMG_0532.JPG

演目は「極付御存知後三年蛙合戦」
後三年合戦の史実に基づき、平安時代の出羽の国の豪族、清原氏3兄弟の勢力争いを描いています。
企画・脚本は、日本劇作家協会に所属する高橋純さん。
総合演出は、横手かまくらFMで毎週土曜日朝8時30分から放送中の
「語るべ!よこてのことばっこ」でお馴染み、坂本好逸さんです。
出演者は、十文字小学校の児童や横手市内の小中高生、保育園児など
およそ60名。歌舞伎 独特のアクセントや発音を勉強し夏休み前からおよそ2か月、稽古に励んできました。
本格的な衣装と化粧に身をつつみ、息のあった演技を披露した子どもたちには観客から大きな拍手が贈られました。

★IMG_0530.JPG

★IMG_0537.JPG

★IMG_0540.JPG

総合演出を施した坂本好逸さんは、「昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で上演できなかったが、横手市創作子ども歌舞伎は10年続いてきた。子どもたちには、将来この経験と横手で起きた出来事を思い出してほしい。」と話しました。 

出演した十文字小学校6年生の大山ゆずき さんは、「子ども歌舞伎を始めた理由は、みんなと力を合わせて一つの舞台を作るのが楽しそうだと思ったから。台詞と踊りを覚えるのが大変だったけどみんなで稽古を乗り越えてきた。」と今回の経験を振り返りました。

「横手市創作子ども歌舞伎」の当日の模様は、今後、横手市のYouTubeにアップされる予定です。
posted by 横手かまくらエフエム at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

横手やきそば四天王決定戦2021 開催延期

横手やきそば四天王決定戦実行委員会は、10月9日・10日に開催を予定していた「横手やきそば四天王決定戦2021」の延期を決定しました。

横手やきそば四天王決定戦は予選会となる覆面審査により選ばれた店舗が秋田ふるさと村に出店し、来場者の投票数によりその年の四天王店を決めます。
昨年は、新型コロナウイルスの影響により2日間の開催を1日に縮小し、特別編として開催しました。今年は2年振りの通常開催を予定していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない状況を鑑み、苦渋の決断となりました。

今後は、開催時期や開催方法について状況をみながら検討します。

例年通りの横手やきそば四天王決定戦が開催されないことから、今年は覆面審査で選ばれた8店舗を「推奨店」として認定します。

横手やきそば四天王決定戦2021の推奨店は

 ・出端屋
 ・食い道楽 本店
 ・食い道楽 横手駅前店
 ・ステーキハウス スフィーダ
 ・藤春食堂
 ・北海屋
 ・皆喜多亭
 ・魯句彩亭

以上の8店舗です。

IMG_3066.JPG
昨年の「横手やきそば四天王決定戦2020 横手やきそばチャンピオンズ・カーニバル」の様子
posted by 横手かまくらエフエム at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雄小学校の枝豆収穫

昨日午前、大雄の横手市園芸振興拠点センターで「大雄小学校の枝豆収穫」が行われました。この体験は、農業体験を通してふるさと横手の自然や、農業への関心を高め、横手への誇りと次世代に伝える心を育むことを目的としています。

★IMG_0501.JPG

6月に枝豆の播種をした後は、横手市園芸振興拠点センターの作業員や研修生が草取りや防除、食害を防ぐために糸を張るなどの管理をしてきました。
昨日収穫したのは、「味自慢」と「雪音」の2品種。
大雄小学校6年生およそ30名は、自分の背丈より大きく生長した枝豆を友達と声を掛け合いながら協力して収穫しました。

★IMG_0496.JPG

★IMG_0499.JPG

その後のもぎ取り作業では、小さい莢も見逃さないように真剣な表情で取り組みました。

★IMG_0508.JPG

★IMG_0507.JPG

最後は、みんな待っていました!試食会。「いい香り!」「甘い!」という声とともに笑顔いっぱいの児童たちでした。

★IMG_0517.JPG

大雄小学校6年生の照井まさと さんは「収穫は思ったより力が必要だったけど、1本の枝にたくさんの実がなっていてびっくりした。もぎ取り
作業は、量がたくさんあるので農家さんはすごいと思った。」と話しました。

今後、大雄小学校の6年生は食農体験プログラムの一環として、6月に大豆から仕込んだ手前味噌の樽開きを12月に行う予定です。

大雄小学校の枝豆収穫について「アグリカルチャーあぐりっこ」でもお伝えします。
放送は9月11日土曜日 午前9時30分ころ
再放送は9月15日水曜日 午前8時15分ころ

ぜひお聴きください♪
posted by 横手かまくらエフエム at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

東北DC終盤

4月から展開している東北ディスティネーションキャンペーンが今月で終了します。
東北ディスティネーションキャンペーンは、東北6県の自治体や観光団体、JRが連携して行っている大型観光キャンペーンです。
震災から10年の節目。「巡るたび、出会う旅」をキャッチコピーに、東北6県を周遊してもらおうと4月から9月の日程で開催されています。

横手市は訪れる観光客をもてなそうと、市内の商工団体や市が実行委員会を立ち上げ、これまでにさまざまな企画を打ち出してきました。

横手駅には、横手城を墨絵で描いた大型タペストリーとその季節に合わせた花や植物が飾られ、駅を利用する人たちの目を楽しませてきました。
現在はもみじが展示されており、徐々に色づいていく様子を見ることが出来ます。
通学で駅を利用する高校生は「駅の中に花があるのはいいなと思っていた。春のさくらが特に好きだった。」と話しました。
DSCN2896.JPG

横手城の大型タペストリーともみじの展示、増田まんが美術館の特別展とコラボしたクレヨンしんちゃんのラッピング電車運行は、東北ディスティニーキャンペーン最終日の9月30日までです。

ちなみに今日の横手城
DSCN2885.JPG
posted by 横手かまくらエフエム at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月03日

毎年恒例!横手北小学校のキャベツ収穫

今日午前、晴天に恵まれた横手市金沢孔城館近くの畑で、「横手北小学校のキャベツ収穫」が行われました。
この活動は「横手やきそばサンライズ」が、横手やきそばの具材となるキャベツを子どもたちに栽培してもらうことで“まちおこし活動の一員”になってもらい、横手市のPRへ繋げることを目的に開催しています。

★IMG_0477.JPG

今日収穫したキャベツは6月9日に植え付けしたもので、夏の暑さと豪雨を乗り越え生長しました。
金沢十二牲担い手生産組合 指導のもと、横手北小学校3年生およそ70名は初めての体験に緊張しながらも包丁や鎌を上手に使い、大きなキャベツを次々と収穫しました。
新型コロナウイルスの影響で思う様に活動できない横手やきそばサンライズも、子どもたちの笑顔で元気を取り戻しました。

★IMG_0476.JPG

★IMG_0479.JPG

IMG_0482.JPG

横手北小学校3年生の藤原ことねさんは、「たくさんの人が手伝いに来てくれて簡単に収穫できた。今日は家で横手やきそばを作って食べたい。」と笑顔を見せました。

指導にあたった金沢十二牲担い手生産組合の本間さんは、「今日収穫したキャベツは春みどりという品種で、本来であれば直径20p以上のキャベツが採れる予定だったが、この夏の暑さと雨により小ぶりになった。食の大切さを感じながらキャベツを自宅に持ち帰って横手やきそばとして食べてほしい。」と話しました。

★IMG_0485.JPG

例年では収穫後に、横手やきそばサンライズが横手やきそばを児童の目の前で調理しみんなで試食会を行いますが、今年は後日開催予定です。
posted by 横手かまくらエフエム at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする