2020年09月28日

たいゆう保育園の園児による交通安全マスコット配布

今日午前、JA-SS大雄給油所付近で たいゆう保育園の園児による交通安全行事「交通安全マスコットの配布」が行われました。この行事は、子供たちの情操教育の一環で毎年行われています。
IMG_2907.JPG

今回は、たいゆう保育園の年長児13人が折り紙で作ったトトロのマスコットを道ゆくドライバーひとりひとりに手渡しました。このマスコットは園児たちが「交通事故が起きませんように」と願い、作ったものです。
園児たちは、マスコットを渡す際に「安全運転してくださいね!」などと声をかけ、交通安全を呼び掛けました。
IMG_2925.JPG


マスコットを手渡されたドライバーは「安全運転を心がけます。頑張ってください。」と子供たちへ声をかけました。

また、たいゆう保育園の向井明美園長は「子供たちは春頃からマスコットを作り、楽しみにしてきた。秋の交通安全運動期間中に行うことで、安全運転を心がけてくれるドライバーが増えてくれれば嬉しい。」と話しました。

今後、たいゆう保育園では、10月6日に横手警察署の署員による交通安全教室が行われる予定です。
posted by 横手かまくらエフエム at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

秋田ふるさと村 アート&クラフトフェア

秋田ふるさと村で「アート&クラフトフェア」が今月19日から開かれています。
各地から作り手が集まり、木工、革、ガラスなどを使った手作り作品が並んでいます。
高知県 ステンドグラス チャイハナさん
DSCN2616.JPG

同じくチャイハナさんの万華鏡
DSCN2614.JPG

飲食合わせて100店舗が出店していて、3日目の今日は時折強い日差しが差す中、来場者たちは思い思いの店に立ち寄り買い物を楽しんでいました。
DSCN2624.JPG

DSCN2631.JPG

アメヤ珈琲さんのキッチンカー、いつもかわいい
DSCN2613.JPG

木で作ったアクセサリーが多く並ぶ、茨城県の「wood work toto」の店主 岩崎さんは「大規模なイベントは今年初めてで、ありがたい。技法にこだわらず何でもやってみているので、寄ってほしい」と話しました。
DSCN2604.JPG

岩手県から友人と来たという20代女性は「道の駅のポスターを見て来た。こんなに大きいイベントだと思わなかった。かわいいものがいっぱいで楽しい」と笑顔でピアスを手に取っていました。
DSCN2603.JPG

秋田県 アクセサリー chez Mさん
DSCN2608.JPG

DSCN2611.JPG

秋田ふるさと村のスタッフは「天気に恵まれて連日好評いただいている。出店者も張り切っているので、来場者の皆さんにも楽しんでほしい」と述べました。
秋田ふるさと村「アート&クラフトフェア」は明日午後5時までの開催です。
ホームページでは、手指消毒など、新型コロナウイルス感染症予防対策を呼びかけています。
posted by 横手かまくらエフエム at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

ハーモニーフェスタ2020開催中

横手市交流センターワイワイプラザで、ハーモニーフェスタ2020が開かれています。
DSCN2599.JPG

DSCN2600.JPG

秋田県と秋田県人権啓発活動ネットワークの主催で、
男女共同参画社会づくりに向けた啓発イベントとして、毎年開催しています。

今年は「誰一人置き去りにしない支え合えるまちづくり、人権、防災、SDGs」をテーマにしており、関連する展示や体験コーナー、午前は、防災についての特別講演が行われます。
DSCN2597.JPG

DSCN2596.JPG

お昼は、焼きそばやお弁当の販売もあり、午後からは、秋田県出身のジャーナリスト麓幸子さんによる女性活躍についての講話、秋田県男女共同参画センターの3人のセンター長によるパネルディスカッションも行われます。
ハーモニーフェスタ2020は、この後午後2時30分までワイワイプラザ1階オープンスペースで開催しています。

生放送中の横手かまくらFM「ハピ☆サタ」12:00頃から、秋田県南部男女共同参画センター長 藤原惠美子さんのインタビューを放送しますので、ぜひお聴きください。
posted by 横手かまくらエフエム at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

ジャンボスイカコンクール

昨日、JA秋田ふるさと十文字集出荷所で、スイカの重さを競う
「第5回ジャンボスイカコンクール」が開催されました。

JA秋田ふるさとは、十文字地区のスイカ農家を対象に、
コンクール出品用の飼料用品種
「カロライナクロス」の作付けを呼びかけていて、
25人ほどの農家が栽培しています。
今年は9人の農家が1個ずつ出品しました。

例年は地元保育園児たちも応援に駆け付け、
にぎやかな雰囲気でコンクールが行われますが、
今年は新型コロナウイルス対策のため、子どもたちの参加は見送られました。

スイカが計量器に乗せられる様子を、
参加者たちは緊張した様子で見守っていました。

軽量の結果、優勝は、藤原潤一さんの90キロで、3連覇達成となりました。

IMG-0012.jpg

IMG-0013.jpg

優勝した藤原さんは「今年は天候不良で今回出品した1玉しか実らなかった。
昨年よりも小ぶりだったため、計量するまで内心ドキドキしていた。
来年は目標の120キロに届くよう頑張りたい。」
と話しました。


なお、出品されたジャンボスイカの中から
優勝以外の2つは重さ当てクイズに使われます。
8/28〜9/1まで道の駅十文字と秋田ふるさと村に応募用紙とともに設置され、
正解の重量に最も近かった人にはJA秋田ふるさとの農産物がプレゼントされます。

ぜひ皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
posted by 横手かまくらエフエム at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

秋の味覚!横手のぶどう!

今日午前、横手市大沢地区にある長瀞観光ぶどう園で「横手観光ぶどうまつり開園式」が行われました。

横手観光ぶどう会の会員や秋田県議会議員、JA関係者などおよそ60人が集まり、今年も無事に開園式を迎えられたことを喜びました。

IMG_2698.JPG

横手観光ぶどう会 会長の中村章さんは、「今年は大雨などの天候不順が続き、大変難しい栽培管理を強いられたが、無事に黒いキャンベル、白いナイアガラ、真っ赤なノースレットが出来上がった。みずみずしい横手のぶどうをたくさんの方に味わってほしい」と話しました。

また、横手観光ぶどう会 観光部長の橋孝さんは「新型コロナウイルスが流行する中で、今年も無事に開園式を迎えることができた。実際にぶどう園に来て、新鮮なぶどうのもぎ取り体験をしてほしい。」と話しました。

横手大沢地区から山内に向かっての国道107号沿いには、15の直売所と観光ぶどう園が開設され、長瀞観光ぶどう園では現在、ぶどう狩りが楽しめます。

IMG_2696.JPG

開園式終了後は、ぶどうの盗難を防ぐため、横手観光ぶどう会と横手警察署が見回りを行う「グレープ防犯パトロール」が行われました。


posted by 横手かまくらエフエム at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする