2019年11月21日

雄物川高校生×横手市議会議員懇談会

21日、雄物川高校生と横手市議会議員との懇談会が開かれました。
雄物川高校1年生およそ40人と横手市議会議員23人が、グループワークのワールドカフェ形式で「20年後の横手市の未来」をテーマに活発な意見交換を行いました。

地方自治の専門家、青森中央学院大学 佐藤淳准教授が進行役を務め、様々な角度から横手の未来について話し合いました。
DSCN2244.JPG

大人のルール…説教しない(←コレ大事)
DSCN2245.JPG

佐藤准教授からは、『地域の現状について』『20年後の理想とする横手市とは』『そのために今取り組むべきことは何か』・・・の3つの問いが出され、生徒と議員が一緒になって意見を出し合い、模造紙に書き込んでいきました。
DSCN2225.JPG

DSCN2259.JPG

若い人が少ない、お店が少ないという意見が出される一方で、都会のようになってほしくない。都会と田舎の違いがあるからいいといった声も上がり、議員たちは生徒たちの意見に耳を傾けながら、より具体的な未来を想像できるように話を促していました。
DSCN2250.JPG

DSCN2222.JPG

DSCN2255.JPG

閉会後、雄物川高校1年の佐々木ゆうさんは「問題や課題も地域の特徴のひとつなのですべて解決しようとしなくていいのではないかという意見が印象的だった。今の横手市から未来の横手市を考えることで、自分が住んでいる地域と向き合う時間になったのでとても有意義だった。」と話しました。

佐藤准教授は今回の懇談会のメリットを、高校生にとってはまちづくりの中心を担っている大人と話をして気付きを得る機会、議員にとっては普段接点のない高校生の話を聞く有意義な機会だと述べました。

横手市議会は、選挙権が18歳に引き下げられたことで主権者教育の取り組みが求められる中、地元中学生の校外学習の受け入れなどを行っています。
高校生とのつながりを課題に今後も高校と連携して主権者教育に関わっていきたいとしています。

詳しい様子は、12月9日 10:45から放送の「もっと教えて!横手市議会」をお聴きください。
posted by 横手かまくらエフエム at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

農業体験交流学習 第5回 育てたお米を食べよう!

11月19日(火)増田高校で
「農業体験交流学習第5回育てたお米を食べよう」が開催されました。

IMG_0107.JPG

IMG_0117.JPG

増田高校農業科学科の3年生と増田小学校5年生児童が、
稲作についての発表や地域の人たちと収穫したお米を
食べるなどして交流を深めました。

IMG_0108.JPG

IMG_0113.JPG

農業交流学習は
「一粒の種から、ごはんになるまで」というテーマのもと、
5回シリーズで行われ、春から種まきをはじめ、田植え、稲刈りなどを
通じて食と農について学び、異世代間交流を図ってきました。


その他、横手市のco2削減と森林整備に関する活動
「カーボンオフセット」について、
自分たちがどう貢献できるかを高校生と小学生が一緒に考え発表しました。

IMG_0115.JPG

IMG_0122.JPG

IMG_0121.JPG

IMG_0123.JPG

IMG_0124.JPG

IMG_0125.JPG

IMG_0126.JPG

IMG_0132.JPG

IMG_0130.JPG


IMG_0129.JPG
こちらが、カーボンオフセットシールです!

今日は学習の締めくくりとして、
収穫したお米と増田高校の野菜を活かした
地産地消弁当をみんなで味わいました。

IMG_0136.JPG

*今回の献立*
・みんなで作ったお米のごはん
・アジのから揚げ〜蒲焼風〜
・大根の肉味噌がけ
・タンドリーチキン
・きのこたっぷり卯の花
・もやしと春雨のエスニック風サラダ
・横手市産りんごジュース etc...

IMG_0138.JPG
献立を考えてくれたのは、増田高校・生活福祉系列 生徒の皆さんです。

IMG_0140.JPG

IMG_0141.JPG

IMG_0142.JPG

IMG_0143.JPG

IMG_0145.JPG


今回参加した、増田小学校5年生の平良木花琳さんは

「co2について考えて、自分や友達の意見をまとめていくことが
一番面白かった。お弁当は、自分たちで作ったお米や、
おからを使ったサラダが美味しかった」

と話しました。

また、増田高校3年生の高橋直喜さんは

「最初は慣れなかったけれど、皆とこうやって話す機会を
持つことが出来てとても良かった。お弁当も美味しかった」

と話しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この様子は、横手かまくらFMで以下スケジュールにて放送します。

放 送 日 時:11月23日(土)午前9:30頃〜
コーナー名:「アグリカルチャーあぐりっこ」
※お昼の情報番組「グーグーらじお」内

再放送は、
11月27日(水)午前8:15頃〜
※朝の情報番組「グッドモーニングよこて」内



posted by 横手かまくらエフエム at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

☆よこてイーストイルミネーション☆光と雪の芸術祭り☆

16日より、横手駅東口よこてイースト・にぎわい広場を中心に
光と雪の芸術祭りとして、
色鮮やかなイルミネーション💡が点灯します。

IMG_0156.JPG

このイベントは、平成23年から開始しており今年で9年目です。

今回点灯する電飾の数は、およそ1万5千個で、
今年から新たにに大きなツリーを模したイルミネーションと
その中に可愛いキューピッドが飾られています。

ツリーの中に入って写真を撮ることもできるので、
冬の新たな撮影スポットとなりそうです


よこてイースト管理事務所の高橋幹夫さんは、

「『光と雪の芸術祭り』の「光」はイルミネーション
「雪」はこれから作られる雪像等のことを表している
この光と雪の芸術を味わいながら、冬の雪遊びを楽しんで欲しい」

と話しました。

このイルミネーションは、横手の雪まつりが終わる
令和2年2月16日(日)まで開催されます。

点灯時間は午後4時から夜11時までです。
また、12月15日(日)に開催されるクリスマスコンサート
フィナーレでは、カウントダウン点灯も行われる予定です。
posted by 横手かまくらエフエム at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

Y8サミット創快横手市議会

14日午後、中学生議会「Y8サミット創快横手市議会」が、横手市役所本庁舎6階の議場で開かれました。
市内7つの中学校から生徒代表合わせて21人が出席し、よりよい横手市にするための政策提案を行いました。

FMだけに特別にピースサインのポーズをしてもらいました
DSCN2211.JPG

Y8サミットは平成26年にはじまり、今年で6回目の開催です。
これまでは学校生活を快適にするための取り組みを発表してきましたが、今年度は地域社会まで視野を広げ、中学生目線で横手市の現状と課題に向き合い、市執行部に政策提案を行いました。

各校より、インスタグラムを使った情報発信や、閉校した山内中学校のプール・体育館を整備し、スポーツ立市につなげていくなど具体的な提案が出されます。

こちらは十文字中学校です。
DSCN2169.JPG

増田中学校は、少子高齢化に伴う伝統文化の継承者不足について政策提案しました。市と地域と学校が一体となって取り組む大切さを訴え、横手の伝統文化をまずは市民に広く知ってもらうため、市報に毎回掲載することを提案しました。
これ対し、伊藤孝俊教育長は「横手を学ぶ郷土学に力を入れているので、この提案はありがたい。市報に掲載することについて、機会を捉えできるだけ詳細に紹介するようにしていきたい。市と一緒になって頑張っていこう」と答弁しました。
これを受け、増田中学校の代表は「前向きに考えてもらえてうれしい。未来を作るのは自分たちであるとの当事者意識をもって頑張っていきます。」と話しました。

閉会式で橋大横手市長は「大変立派で感心した。横手の未来を作るのはみなさん方。今日の体験を生かし、将来大活躍されることを祈念する。しっかり勉強して明るい未来を創る行動をしていってほしい」と述べました。
DSCN2195.JPG

平鹿中学校の川崎知己さんは「若い世代で大切なのは市政に関わること。Y8を通じて市政に貢献することができたと思う。高校生になっても積極的に市政に関わっていきたい」と話しました。

閉会式で播磨博一議長から記念品の贈呈
DSCN2190.JPG

今日開かれたY8サミット創快横手市議会の模様は、横手かまくらFMで12月30日㈪午後2時から放送予定です。
posted by 横手かまくらエフエム at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

横手公園

今日午前の横手公園です
DSCN2095.JPG

鳥海山も良く見えた
DSCN2094.JPG

横手公園展望台2階で今月8日から、県立博物館出張展「秋田の編組細工展」が開かれています。
DSCN2108.JPG

編組細工とは、竹や樹皮、つるなどの植物を素材に、編んで作ったもので、この展示会では、横手あけびづる細工、六郷竹細工、東成瀬村のマタタビ細工が展示されています。
それぞれの素材、編み方で作ったザルやカゴなど、職人の繊細かつ力強い技で作られた作品を間近でみることができ、横のパネルには、歴史と受け継がれてきた背景を説明したパネルが並びます。

横手のあけびづる細工職人 中川原信一さんの「手カゴ」「丸かご」は、重い農作物などを入れられる丈夫なつくりで、かつて生活必需品であったことを伺わせます。
DSCN2106.JPG

また、秋田独自の技法と思われる編組技法を使った「グミ編み」は、六郷竹細工のかごやざるの縁に見ることが出来ます。
DSCN2110.JPG

現代的な財布も。
DSCN2111.JPG

横手公園展望台の担当者によると、来場者は一日平均20人。「県立博物館の企画展はなかなかない機会なので、ぜひ紅葉と合わせて展示会にも立ち寄ってほしい。県外から来た人にも好評をいただいている」と話していました。

県立博物館出張展「秋田の編組細工展」は11月27日まで。
横手公園展望台は11月末で今年度は閉館しますが、2/15.16のかまくらの時には開館する予定です。


今日は朝から天気も良く、横手公園にはカメラを片手に散策する人や、ベンチでゆっくりしている人たちの姿も多くみられました。
園内の紅葉は見ごろを過ぎているところもありましたが、鮮やかな黄色や赤に色づいている木々もあり、来園者の目を楽しませていました。
DSCN2100.JPG

DSCN2113.JPG
posted by 横手かまくらエフエム at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする