2016年08月31日

横手やきそば用キャベツの収穫と「横手やきそばをいただく会」♪

先月7/5、横手北小学校で、
横手やきそば用のキャベツの苗植えが行われたとご紹介しました。
DSC00451-thumbnail2.JPG
7/5の様子

そのキャベツの苗が大きく育ち、
DSC00571.JPG

昨日の午前中、このキャベツの収穫が行われました!
DSC00574.JPG
収穫は包丁で。横手やきそばサンライ'Sの一員で
農事組合法人十二牲担い手生産組合代表理事の本間さんから教わりながら収穫します。

収穫は初めての体験だった児童がほとんど。
「難しかったけどうまくできた」
「キャベツの根が固くて包丁がとんでいきそうになったけどなんとか頑張った」
などと話していました

その後すぐに、横手やきそばの具材として、調理!
↓カットしたキャベツ
DSC00581.JPG

DSC00583.JPG

みんなで見学します。
DSC00588.JPG

DSC00584.JPG

その後は3年生全員でおいしく頂きました

DSC00578.JPG
自分たちで植え、収穫したキャベツの味は格別だったようです     ハラタ

                                     

posted by 横手かまくらエフエム at 10:58| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

羽後交通株式会社創立100周年記念事業

今日、横手市役所本庁舎で「羽後交通株式会社創立100周年記念事業」として
齋藤社長が「桜の苗木 100本」を横手市に寄贈しました。
IMG_8325.JPG
これは、羽後交通が横手市にこれまでの感謝として
次の世紀に繋がる花を咲かせるべく、行ったものです。
齋藤社長は、『この地域の皆様に支えられて100周年を迎えることが出来た。
市民の皆様への恩返しのひとつとして今回ソメイヨシノ50本・ベニヤマザクラ50本の
合計100本を寄贈した。この桜が花を付けて、市民の目をなごませる。
また、我々も桜を見てここまでやってきたことを
思い起こすことができると思う。』とコメントしました。

また橋大横手市長は、『羽後交通は市民の足。横手市内外に市民を運ぶ業を
ここまで継続されたことに敬意を表したい。今回寄贈していただいた桜は、
新たな横手の彩りとして、移動中の景色を良くしてくれる。
横手の宝として育ってもらいたい。』と感謝を述べました。

記念事業では、他にも羽後交通にまつわる「思い出作文コンクール」と
「写真コンクール」の作品を8月末日まで募集しています。
入選者には10月24日に行われる「羽後交通株式会社創立100周年記念式典」にて
表彰状及び記念品が贈呈されます。

今後もこのほか多くの記念事業が予定されています。
詳しくは羽後交通株式会社0182-32-4151へお問い合わせください。
posted by 横手かまくらエフエム at 11:40| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

横手川ラフティング!

原田です今日は蒸し暑かったですね!!熱中症になっていませんか

今日の午前、横手南小学校の6年生が、
ペットボトルで造った手作りのいかだで横手川のラフティングを行いました!!

出発前の様子。
男子がいかだを学校から外に運びます。

DSC00498.JPG

このようなプラカードを掲げながら、スタート地点の河原まで歩きます。
(ラフティングの際もこのプラカードをかかげます!)
DSC00500.JPG

学校からいかだをかついで出発!

DSC00504.JPG

ラフティングのスタート地点・横手病院前の河原に、到着!
DSC00505.JPG

いかだとプラカードをずらりと並べて待機です。

DSC00512.JPG

「ポイ捨てNG 目指せきれいな横手川」など、
班ごとそれぞれの思いがプラカードに記されています。
DSC00514.JPG

「緊張している。転覆しないか不安。」
「落ちるのが怖いけど、楽しみも大きい」
「やったことがないのでめちゃくちゃ楽しみ!」など
始まる前の児童たちは期待と不安でいっぱいの様子でした

いよいよラフティング開始!
最初のチームが、ドキドキしながら、スタートです。
DSC00516.JPG

舵をとるのはなかなか難しい!
DSC00518.JPG

お、でもいい感じに進んでおります!
DSC00520.JPG

補助のため保護者の方も川のところどころで待機しています。
声を掛け合いながらがんばります。
DSC00521.JPG

中には転覆してしまう子も!
DSC00525.JPG
それはそれで貴重な経験!むしろ楽しさが増しそう!

他の班もぞくぞくとラフティング〜
DSC00526.JPG

お、ゴールが見えてきた!
DSC00523.JPG
無事、ゴールです!



普段は入ることのできない横手川に入ってのラフティング。


川を身近に感じ、横手川を大切にしていくために何ができるか児童たちに考えてほしいという願いのもと、15年以上にわたって行われています

児童たちは6月下旬から設計図を作成し、いかだ作りをスタート。
発泡スチロールの板2枚にペットボトルを40本以上つけたいかだです。

川沿いや蛇の崎橋には、たくさんの保護者があつまり、その様子を見守っていました。

また、ラフティングと同時に横手川に生息する魚を観察するなど、
生態についての学習も行われました。

DSC00528.JPG

「怖かったけど楽しかった」「仲間との絆を深められた」
「落ちたけどそれも楽しかった」「横手川を守っていきたい」との児童の皆さん。

また、今日のラフティングは、河川使用の関係者や保護者の方など、多くのサポートがあったからこそ行うことができた。感謝の気持ちを持って楽しんでほしい。」
とのお話が、校長先生からもありました。

準備なども大変だったと思いますが、かけがえのない思い出ができて良かったですね
地域全体で横手川を守っていきたいですね

posted by 横手かまくらエフエム at 15:54| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

横手市市制施行10周年記念式典

「絆」〜これまで、いま、そして〜をテーマに、横手市市制施行10周年記念式典と記念講演が、
10月3日横手市民会館を会場に開催されました。

20151003_133106-1.jpg

記念式典の式辞で高橋市長は、「8市町村が大英断して合併し、人口10万人を超える
秋田県下第2の都市としてスタートしてから10年の節目の年を迎えました。
先人から受け継いだ貴重な財産や資源を守り育て磨き上げて、さらに飛躍する横手市を作る。
人とひととの絆を大切に市民一人ひとりのよこて愛を大切に、
ずっと住み続けたい横手市を目指します」と述べました。

続いて横手市表彰条例に基づく、地方自治功労者・教育学芸等功労者・
公益寄与公務協力者16名に表彰状が、市制施行10周年記念感謝状が17名に手渡されました。
20151003_151057.jpg
20151003_155156.jpg
20151003_154401.jpg


第2部の記念講演では、この10年間を映像で振り返り、仁井田番楽、福嶋のサイサイ囃子、
岡本新内、子ども歌舞伎、深間内神楽など、横手市各地域の伝統文化を披露して参加者を魅了しました。

posted by 横手かまくらエフエム at 16:44| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

第2回秋田県25市町村対抗駅伝「ふるさとあきたラン!」開催

13日、横手市の秋田ふるさと村をメイン会場に第二回、秋田25市町村対抗駅伝「ふるさとあきたラン!」が、開催されました。

IMG_20150913_105551.jpg

秋田県内25市町村から参加した36チーム、およそ500名の選手は、
小学生男子、小学生女子、中学生男子、中学生女子、高校生男子、高校生女子、
一般男子、一般女子、壮年の9区に分かれ、横手市の市街地をタスキでつないで駆け抜けました。
IMG_20150913_111043.jpg

IMG_20150913_110833.jpg
9区間の総延長は29.2キロメートル。中でも第6区の壮年は、横手体育館から横手公園武者だまりを通って牛沼駐車場までの3.5キロメートル。
区間後半の心臓やぶりの登り坂をかけ上がる選手に、「頑張れー」と、声援が集まっていました。

大会開催に際して、横手市の高橋市長は、
「元気な地域づくり、明るいまちづくりにはスポーツは欠かすことができず、横手市もスポーツ立市を宣言して取り組んでいます。今大会の開催はとても意義深いものです」と、挨拶しました。
IMG_20150913_123939.jpg

レースの結果は、総合優勝が鹿角市でタイムが1時間31分54秒でした。2位が秋田市A、3位が大館市Aでした。横手市Aは1時間37分38秒で総合8位、横手市Bは1時間40分14秒で総合13位でした。
なお、町の部の優勝は羽後町A、村の部優勝は上小阿仁村でした。羽後町Aは総合でも4位に入る健闘を見せました。

IMG_20150913_140837.jpg

IMG_20150913_142114.jpg

IMG_20150913_141521.jpg

また、秋田ふるさと村内お祭り広場では秋田県内各市町村自慢のイチオシフードが勢ぞろいした
「ご当地自慢フェスティバル」もあわせて開催され、各地域のPRブースも大いに盛り上がりました。

来年開催される第3回も期待したいですね。
posted by 横手かまくらエフエム at 16:30| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする