2020年10月26日

最後の「孫の教育を語る会&学習発表会」開催

昨日、十文字第二小学校で「孫の教育を語る会・学習発表会」が開催されました。
統合により今年度での閉校が決まっているため、学校や地域に長年の感謝の気持ちを伝える発表となりました。

5年生「二小2020オリンピック」での一幕。水泳選手になりきってます
IMG_0513.jpg

会の初めに石井信恵校長は「十文字第二小学校そして三重地区は、子どもたちにとって自分たちを守ってくれる象徴だった。子どもたちからの精一杯の感謝の気持ちを受け取ってほしい」とあいさつしました。

4年生は「十文字れきし発見!」と題して、伝統芸能仁井田番楽を披露。仁井田番楽保存会の演奏に合わせた力強い舞は来場者の注目を集めました。
IMG_0518.jpg

6年生は、8年後の成人式でクラスメイトと再会する設定で、未来の自分になりきって発表や演奏を行いました。西城秀樹のヤングマンの曲に合わせたダンスでは会場の手拍子を誘い盛り上がりました。
IMG_0520.jpg

二小を語る会の高山昭信会長は「孫の教育を語る会では、毎年祖父母たちと学校田で採れたもち米で餅つきをしたり、昔遊びをしたりと交流をしていたが、コロナの影響でやむを得ず中止となった。本当に残念。来年度から子どもたちは新しい環境で戸惑うこともあると思う。引き続き地域のみなさんの見守りをお願いする」と述べました。

収穫祭も行われました。大きなお餅は高山会長より
IMG_0521.jpg

会の最後には、学校田から採れたもち米でつくった紅白餅が配られました。受け取った女性は「孫が二人通学している。今日はがんばってくれて嬉しい。餅つきを楽しみにしていて、ずっと前から近所の人にも参加を呼び掛けていた。なくなって残念」と話しました。
IMG_0533.jpg

歴史を振り返る展示も。
IMG_0534.jpg

十文字第二小学校は創立143年の長い歴史に幕を閉じます。今後閉校行事や式典が行われ、来年4月から十文字小学校に統合となります。
posted by 横手かまくらエフエム at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: