2020年07月21日

今年もスイカ出発式が行われました!

JA秋田ふるさと雄物川集出荷所で今日、令和2年度産スイカの出発式が行われました。

式に先立ち、神事が行われ、豊作と安全祈願などを行いました。
式には関係者など30人ほどが集まりました。

DSC06767.JPG

今年は出発式に雄物川小学校の4年生が駆け付けすいか大好きのダンスを披露して
出発に華を添えました。

DSC06774.JPG

そのあとテープカットが行われ、JA全農あきたキャンペーンガール「ミスフレッシュ」からドライバーに花束が手渡されました。

DSC06775.JPG

出発式でJA秋田ふるさと西瓜部会の佐々木徹 部会長は
「4月の低温や6月の雨などの影響もあったが、例年通りのシャリ感の強い仕上がりになった。消費者に喜んでもらうために栽培管理などを徹底してきた。
日本の夏といえば、花火・蚊取り線香・スイカですが、今年はコロナの影響で中止となる花火大会も多い。そんななかでもすいかを食べてしっかり夏を感じてもらいたい。」と話しました。

DSC06779.JPG


JA秋田ふるさと西瓜部会は、今年度は出荷量5230トン、販売額10億4千万円を
目指します。


ちなみにこれは、「すいかいじゅう」
雄物川小学校の児童たちが作ったとのことでした!
器用ですねぇ・・・
DSC06766.JPG


posted by 横手かまくらエフエム at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: