2020年07月10日

明日から開催!ミュシャ展

秋田県立近代美術館で明日から開催される「ミュシャ展―アール・ヌーヴォーの華」に先がけ、今日内覧会が開催されました。
ということで、行って参りました!ミュシャ展!
IMG_2451.JPG


アルフォンス・ミュシャは、19 世紀末のヨーロッパに起こった芸術様式「アール・ヌーヴォー」の代表的作家で、彼が描いた、流れるような植物文様で飾られた女性像は「ミュシャ・スタイル」と呼ばれ、今なお多くの人々を魅了し続けています。

ミュシャといえばこういうイメージ。
IMG_2476.JPG

IMG_2467.JPG


でしたが、展覧会では
IMG_2478.JPG
こんな感じのジャポネスクなものや、

IMG_2481.JPG
祖国愛を象徴するような作品などもありました!


仲町啓子館長は「商業・工業デザインの部分が有名かもしれないが、切手やお金のデザインやデザインの教科書とも言える装飾資料集など展示され、ミュシャの全体像が見てもらえると思う。祖国愛を感じるドラマチックな作品も多い。
また、今回はオーナーのご厚意でパーテーションなどはなく、至近距離でみることできるのも魅力。」と、この展示の魅力について話しました。
IMG_2453.JPG

言われてみれば、ガラスケースに入っているものがたまにあるものの、ここまで!みたいな区切りがない場所が多い!!

近くで見放題!そしてなんと写真も撮り放題!SNSの投稿もOK!
これは見に行くしかない!

秋田県立近代美術館「ミュシャ展―アール・ヌーヴォーの華」
明日から9月13日まで会期中無休で開催です。


posted by 横手かまくらエフエム at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: