2020年02月12日

まもなくかまくらです

横手の小正月行事「かまくら」まであと3日となった今日、市内は快晴で気温がグングン上がり、最高気温は5度t近くになりました。
横手地域では多くのかまくら会場近くで除排雪作業が行われました。
雪のため、本来は2車線だった道路が1車線になっているところや、道幅が狭く交互通行せざるを得ない道路も、除排雪が終わるとスムーズに車が通れるようになりました。

かまくら会場のひとつ、横手城のかまくらはすでに穴が開き、水神さまを祀る神坐もできていました。台湾から家族旅行に来たという一家は、かまくらと横手城をバックに記念撮影をしたり、子どもとかまくらに入ったりして楽しんでいました。鳥海山を指さし、「遠くに見える山がとてもきれい。かまくらは初めて見たが大きくて驚いた。この後は岩手や山形にも寄っていく」と話していました。
IMG_7112.JPG

一方、かまくら職人にとってはありがたくないお天気だったようです。平源前のかまくらで作業をしていたかまくら職人の親方・北嶋勝雄さんは「様々なところから協力を得てようやくここまで来たが、今日はきゃどぽんぽんじくて気持ち悪いくらいの天気。かまくらは雨に弱いから明日明後日の天気が心配だ。」と話しました。

秋田地方気象台によると、このあとも気温の高い日が続き、雨で雪解けが進むため、なだれ注意報を県内の広い範囲に発令し、注意を呼びかけています。

横手の小正月行事かまくらは2月15日16日、ぼんでん奉納は17日です。車両通行止めなど交通規制が行われるので、詳しくは横手市観光協会までお問い合わせください。
posted by 横手かまくらエフエム at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: