2019年10月24日

醍醐保育園キノコ狩り

今週月曜日、横手市平鹿ときめき交流センターゆっぷる源泉駐車場で醍醐保育園の19人の園児たちが地域の人たちとキノコの収穫を行いました。

今回収穫したキノコは醍醐保育園の園児たちが数年前の春に植菌したもので、代々後輩の園児が収穫しているものです。
毎年春に植菌が行われ、秋に収穫が行われ、今年で5年目となりました。

年長さん(ゆり組)の園児たちは、お揃いの青い帽子で源泉駐車場から
きのこを植菌した林に入って行き、原木と菌床になっているしいたけ、まいたけ、なめこ、くりたけを次々と収穫しました。

DSC05704.JPG

菌床と

DSC05705.JPG

DSC05706.JPG


原木。

DSC05710.JPG


DSC05711.JPG


園児たちは「これはとってもいいの?」「これは毒きのこ?」と
協力してくださった地域の方と交流しながらきのこ狩りを楽しみました。

DSC05713.JPG


収穫後は、ゆっぷるで芋の子会が行われました。
posted by 横手かまくらエフエム at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: