2019年10月07日

2年ぶりの蔵の日

昨日は、横手市増田町 国の重要伝統的建造物群保存地区で
2年ぶりに「蔵の日」が開催されました!

この日は26棟の蔵が公開され、
イベントに訪れた観光客は
共通入場券を購入して内蔵をまわりました。

IMG-6492.JPG

このイベントに合わせ、スタッフが増田のまちを案内する
「まちなみツアー」や増田中学校の生徒たちによるたいこ演奏、
吹奏楽部の演奏などが行われ、会場を盛り上げました。

IMG-6501.JPG
福嶋サイサイ囃子も素敵でした!

会場内では、地元増田中学校の全校生徒が
ボランティアスタッフとして観光客をもてなしました。
増田中学校では、増田町の蔵についての授業が行われており、
この日はこれまで学習してきたことを活かして
各蔵の資料を作成し、蔵を訪れた観光客に説明しました。

ボランティアに参加した増田中学校3年生の男子生徒は、
「自分たちが作成した資料を使って蔵を案内し、
お客さんが興味を持ってくれたことが嬉しかった。
増田町を盛り上げるには地元の自分たちが
立ち上がらなければいけないと思うので、
こういった機会に携われてとても嬉しい。
これからも自分たちの手で地域を盛り上げていきたい。」と話しました。
posted by 横手かまくらエフエム at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: