2019年09月19日

大雄小学校6年生の「枝豆収穫体験」

IMG_9581.JPG

IMG_9582.JPG

IMG_9586.JPG

IMG_9585.JPG

9月19日(木)午前、横手市園芸振興拠点センターで、
大雄小学校の6年生が、食農プログラムの一環として
枝豆収穫体験を行いました。

IMG_9587.JPG

この取り組みでは、地域の子供たちが農業の大切さや食に関して学び、
魅力ある農業に興味を持ってもらいたいという思いから実施されました。

今回は、大雄小学校の6年生が、
6月に種まきした「あきたほのか」と「味自慢」の2種を収穫しました。

IMG_9583.JPG

edamame (1).JPG

edamame (2).JPG

edamame (3).JPG

edamame (5).JPG

edamame (4).JPG
もいでも顔が隠れるくらいの成長ぶり!!

IMG_9594.JPG

IMG_9604.JPG

IMG_9592.JPG

IMG_9591.JPG



IMG_9608.JPG

IMG_9605.JPG
「あきたほのか」は秋田の品種で薫りがよく甘味のある濃い味わい、

IMG_9607.JPG

IMG_9606.JPG
「味自慢」は岩手の品種で、歯ごたえのある実の締まりと有名な
「だだちゃ豆」同様の五葉豆の一種です。

収穫後に行われた、枝豆の試食会では、
児童が一斉に食し「とても美味しい」と夢中になっていました。

IMG_9613.JPG

IMG_9615.JPG

IMG_9614.JPG

IMG_9617.JPG

IMG_9619.JPG
空っぽのざるが、美味しさを物語ります。

 
農林部・実験農場長の佐々木健悦さんは、

「今年も例年と変わらず、実の入った美味しい枝豆が出来た。
枝豆は初夏から秋まで長く収穫でき、
今回収穫したものは中晩生(ちゅうばんせい)で一番おいしい時期の枝豆。
今年は夏が暑かったので、旨味がのった枝豆ができた。

子供達には、農業の大変さや喜びを肌で感じ、興味を持って貰いたい。
これをきっかけに、将来は農業をやりたいと思ってくれる子が
出てくれば嬉しい」

と話しました。

大雄小学校6年生の藤谷新太くんは、
「枝豆を土から抜くのが、意外と力仕事で大変だった。
豆を枝からもぐのは、簡単だけどいっぱい実がついているから大変」

と話しながら、頑張ってたくさんの枝豆をもぎました。

IMG_9610.JPG

IMG_9609.JPG



今日収穫した枝豆は、児童がそれぞれに持ち帰り、自宅で楽しみます。

IMG_9622.JPG
posted by 横手かまくらエフエム at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: