2019年09月10日

「大森産ブドウのワイン」用 ブドウ出発式

IMG_9462.jpg

9月10日午後、JA秋田ふるさと八沢木(やさわぎ)低温倉庫前で、
令和元年度産の「大森産ブドウのワイン」用ブドウ出発式が行われました。

IMG_9472.JPG
テープカットの様子

 横手市大森町では、キリン・メルシャンより販売している
「大森産ブドウのワイン」の原料となるブドウを生産しています。
作っている品種は「リースリング」と「ケルナー」で、
今回は2種混載されました。

大森ワインぶどう生産組合・組合長の大田幹夫(おおた みきお)さんは、

IMG_9464.JPG

「今年は天候も良く、ブドウが順調に育った。
酸味も程よく、例年通りの出来となった。
ブドウを作り始めて40年近くなるが、簡単な道のりではなかった。
これからも、絶やさず末永く栽培していきたい。
来年の春には、ワインとなって私たちのもとへ帰ってくる。
私たちの汗と涙の結晶と言える商品を皆で楽しく味わって欲しい」

と話しました。

IMG_9467.JPG

IMG_9468.JPG
ドライバーさんへの花束・記念品贈呈。

IMG_9476.jpg

IMG_9473.JPG
集合写真

収穫は、9月9日〜12日まで行われており、
収穫されたブドウは、今日から9トンずつおよそ4回に分けて、
山梨の「シャトーメルシャン勝沼(かつぬま)ワイナリー」へ出荷されます。


IMG_9480.jpg

IMG_9483.jpg


来年5月に「大森産ブドウのワイン」の
甘口・辛口、スパークリングワインなど、
5種類のワインとなり全国に向けて発売されます。
posted by 横手かまくらエフエム at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: