2019年05月22日

チャレンジデー 市長同士のエール交換が行われました!

今日午前、横手市役所本庁舎で、チャレンジデーで対戦する丸亀市の梶正治市長と、
横手市の橋大市長が電話でエール交換を行いました。

DSC05056.JPG

チャレンジデーは、日常的なスポーツの習慣化に向けたきっかけづくりやスポーツによる住民の健康づくり、地域の活性化を目的とした住民総参加型イベントで、人口規模がほぼ同じ自治体同士が、午前0時から午後9時までの間に、15分間以上継続して何らかの運動やスポーツをした住民の『参加率』を競い合います。
横手市は今回7回目の参加、昨年は愛知県碧南市と対戦し参加率95.9%で勝利しています。

エール交換で、橋大市長は「秋田は今日から晴れ。横手市はこれから田植えの真っ盛り。晴れると市民の多くが田植えをしますので、それをカウントできるのが我々の強み。お互いに正々堂々とがんばりましょう。」とエールを送りました。

また、今日から開催される全国伝統的建造物群保存地区協議会に絡めた話もあり、和やかなエール交換となりました。

また、昨年は大仙市と対戦し勝利を収めている丸亀市の梶市長は「1市2町で合併してなかなか勝てずにいたのですが、昨年は秋田さんにお世話になって勝つことができた。横手市は力を入れていると聞いているので勝つのは大変だと思うが、この機会に友好を深められたらと思います。」とエールを返しました。

チャレンジデーは5月29日水曜日に行われます。
posted by 横手かまくらエフエム at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: