2018年10月26日

言語活動の充実による学力向上推進事業・公開研究会が開催されました!

今日午後、横手市立浅舞小学校、吉田小学校、醍醐小学校、
そして平鹿中学校を会場に横手市教育推進委員会主催の
「言語活動の充実による学力向上推進事業・公開研究会」
が開催されました。

横手市では、H21年度から研究指定事業の継続・深化を図りながら、
児童生徒の確かな学力の育成を目指して授業改善等に取り組んできました。

H27年度からは、さらに計画的な指導の推進、
言語能力のための学校図書館の有効活用や新聞を使った学習を
取り入れ、学びの質を高めるために研究を進めています。

今日は、これまでの実践研究の成果を公開する授業と、
各学科に分かれての協議会が行われました。

横手市立小中学校のすべての教員と、
県内外からの教職員合わせて564名が参加しました。

埼玉県比企郡川島町の町立川島中学校の池田孝司校長は

「川島町では現在、児童生徒の学力と教師の授業力・
指導力向上を最重要課題としている。そのための具体的な
取り組みについて先進的な研究を学び、川島町の教職員の
意識改革と指導力の向上を図ることを目的に参加した。
今日体験したことを、しっかりと川島町にもちかえりたい。」

とコメントしました。

平鹿中学校3年3組では、渡曾寛之先生による
「新聞記事を読み比べてみよう」のテーマのもと、
国語の授業が行われていました。

IMG_4716.JPG

同じ出来事を取り扱った3つの新聞から、
最もすぐれた記事を選ぶために
自分たちの意見を出し合うというものでした。
多くの教職員が見学するなか、
生徒たちは緊張しながらも自分の意見を
しっかりと発表していました。

少し先になりますが、11月6日午前7時半〜
横手市教育委員会の番組「横手BOEチャンネル」で
詳しくお伝えします。

再放送は、11月7日(水)午前7時10分〜です。
※後日、横手市教育委員会のHPからもお聞きいただけます♪

2018.10.26     高橋 薫

posted by 横手かまくらエフエム at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: