2018年08月23日

ジャンボスイカコンクールが今年も行われました!

暑いですね。
秋になったと思ったら、すっかり夏に戻ったような今日、JA秋田ふるさと十文字集出荷所で「ジャンボスイカコンクール」が開催されました。やっぱり夏なのか・・・
DSC03789.JPG

このコンクールは、県内一のスイカの生産量を誇るJA秋田ふるさと十文字営農センターが、スイカ産地としての知名度をより高めようと実施しているもので、
飼料用品種である「カロライナクロス」の重量を競います。

今日は、十文字地区のスイカ生産者10名2組が出品し、14点のスイカが並びました。
会場には睦合保育所・植田保育所・金沢保育園の園児たちも応援に駆け付け、
大きなスイカに驚きの声が上がりました。


今年は初代の優勝者でもある十文字町荒田目の藤原潤一さんが5年ぶりに優勝。スイカの重量は82.0Kgでした。優勝した藤原さんは「収穫ちょっと前に一人で動かせないくらいになったけど、その後空洞ができてダメだと思っていた。勝因は特に手をかけずに、自然体で無理はしないこと、人間と一緒。」と話しました。

DSC03770.JPG

DSC03788.JPG

割るとこう。確かに空洞ができてますね。ちなみに糖度は9.5
(ちなみに普段食べるものは12くらいです)
また、2位は昨年から出品している睦合保育所。地域の方々と協力して作ったスイカが
入賞しました。

DSC03781.JPG

試食もあり!
DSC03775.JPG


なお、コンクールに使用したスイカのうち3個を、今日午後に秋田市の大森山動物園へ配達し、動物にプレゼントします。
さらに、このほか2個のスイカを明日から8月28日(火)にかけて、道の駅十文字、秋田ふるさと村の2か所にそれぞれ設置し、重さ当てクイズを実施します。正解者にはJAのお米や野菜などのプレゼントが用意されています。

posted by 横手かまくらエフエム at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: