2018年05月22日

今日、山菜植えつけ体験会が行われました。

今日午前、横手市山内三又地区の里山で
「サンソンプロジェクト・未来の担い手とつくる里山のなりわいづくり」の事業
「山菜植えつけ体験会」が開催されました。

IMG_4033.JPG

サンソンプロジェクトとは、山内南共助連合会がトヨタ財団の
助成プロジェクトに採択され、昨年から実施している事業で、
耕作放棄地での山菜ビジネスを核とする地域産業の拡大を目指した
「次世代につなぐ里山のなりわいづくり」「高齢者世帯の生きがいづくり」
に取り組んでいます。

今日の「山菜植えつけ体験会」は、増田高校農業科学科・野菜専攻班9名、
横手高校定時制4名、横手支援学校高等部4名と、
山内三又・南郷地区の皆さんを含め、総勢25名で行われました。

IMG_4029.JPG

植え付けの指導にあたった狙半内の奥山良治さんは
IMG_4009.JPG
「今日は、ワラビ・ゼンマイ・タラノメ・ウルイ・ウドを植えた。
山菜はそれぞれに個性がある。山菜は本物の無農薬・自然食品。
若い人にもっともっと山菜に興味をもってもらいたい。
そのためにもこのような体験は大事だと思う。」と話しました。

体験した高校生は「山菜の植え付けは初めての体験。
自然豊かなところでの作業は気持ちがよい。株が増えるのも楽しみだが、
収穫はもっと楽しみ。苦労して植えた分おいしく食べられると思う。」と感想を話していました。
IMG_4019.JPG

IMG_4024.JPG

主催の山内南共助連合会会長の石沢達雄さんは、
「人口減少が進む中、農業をする若い人を少しでも育てたい。
耕作放棄地を活用し山菜ビジネスを産業とした仕事づくりにより、
地域の活性化と高齢者世帯の生きがいづくりにつなげたい。」とコメントしました。

↓山内三又地域の里山
IMG_4006.JPG
水車や、がっこ茶屋があります。
新緑の薄い緑色と、沢の水の音がきれいでした。

2018.5.22     高橋 薫

posted by 横手かまくらエフエム at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: