2018年04月06日

横手北スマートIC工事現場の見学

今日午後、横手市猪岡で現在建設中の
秋田自動車道 横手北スマートインターチェンジ工事現場に
秋田大学の学生が見学に訪れました。

この日見学に訪れたのは、
秋田大学 理工学部 システムデザイン工学科
土木環境工学コースの新入生およそ50名です。

IMG_0435.JPG

土木環境工学コースでは、毎年入学式の翌日に
様々な工事現場の見学を実施しており、
今年は現在建設中の秋田自動車道
横手北スマートインターチェンジ工事現場の見学を行いました。

今日は、NEXCO東日本 横手管理事務所の担当者が
建設の概要や、事故防止対策に使用するラバーポールや
ワイヤーロープの説明をし、学生たちは真剣に説明を受けていました。

IMG_0436.JPG

IMG_0440.JPG

見学に参加した学生たちは、
「工事現場を見たことはたくさんあったが、
実際に説明を受けながら見学できたので新鮮だった。」
「人々の暮らしがある中に新しくインターチェンジを建設するのは、
住人との兼ね合いもあって簡単ではないことが分かった。」などと話しました。

また、秋田大学の浜岡秀勝教授は
「卒業後働く現場に肌で触れてもらいたいという思いから
毎年このような現場見学を行っている。
この現場見学が将来につながってくれたら。」と話しました。

NEXCO東日本 横手管理事務所では、
現場見学や視察等を逐一受け入れており、
担当者は、「土木の現場ではまだまだ人手が必要。
今後若い人が増えてくれたら。」と話しました。
posted by 横手かまくらエフエム at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: