2018年01月30日

横手南中「わが町の防災マップ作り教室」開催

今日午後、横手南中学校で「わが町の防災マップ作り」が行われました。
IMG_3515.JPG
様々な地域で様々な自然災害が多く発生している昨今、
授業の一環として開催され、旭小学校区・栄小学校区・横手南小学校区 
各地域に分かれ、南中1年生39人が参加しました。

講師を務めたのは総務省消防庁認定の図上訓練指導員で
一般社団法人「減災アトリエ」代表理事の鈴木光さんです。

始めに、鈴木さんが災害って何?と生徒に問うと
「土砂くずれ」「地震」「火事」などと、次々に答えがとびかいました。
その後、実際に起きた災害の映像が映し出され、
鈴木さんのアドバイスのもと「マイ・防災マップ」作りが始まりました。

生徒たちは、真剣に自分の住んでいる地域の地図に近くの川や、
避難に適した大きな道路に分かりやすく色を付け、
また、指定避難所や災害時に役立ちそうな施設、
災害時に手助けが必要だと思われる家にシールを貼っていきました。
IMG_3521.JPG

作り終えた男子生徒は「普段から近所の人とコミュニケーションをとり、
災害時に助け合えるようにしておくことが大切だと思う。」と感想を述べました。

IMG_3524.JPG
↑最後に生徒たちに配られました。
皆さんも考えてみてはいかがでしょうか。
私だったら、何ができるかなあ・・・

講師の鈴木さんは、「助けられる人から、助ける人になって下さい。
でも、その前に自分の安全が第一。災害を『自分ごと』に。
自分の生活している地域の性格を知り、
災害時のイメージを持つことが防災・減災の最初の一歩である。」
とコメントしました。

授業終了後、生徒に配られた備蓄用のパン
IMG_3526.JPG

2018.1.30      高橋 薫





posted by 横手かまくらエフエム at 18:33| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: