2017年11月22日

横手市・秋田ふるさと農業協同組合の協定締結式

今日午前、横手市役所本庁舎で
横手市と秋田ふるさと農業協同組合による
「園芸作物振興に関する連携協定書 締結式」が行われました。
これは、園芸作物生産振興に関する相互の連携を強化し、
農業者の所得向上と農業の担い手育成に向けた
取り組みを推進するために行われたものです。
締結式では、横手市の橋大市長と
秋田ふるさと農業協同組合の小田嶋契代表理事組合長が
協定書にそれぞれサインしました。

IMGP4850.JPG

横手市の橋大市長は「これまでもお互いに協力してきたが、
協定を結ぶことによりこれからもしっかり手を取り合って頑張っていきたい。
そして、若い農家が今後希望を持てる土壌づくりをしていきたい。」
秋田ふるさと農業協同組合の小田嶋契代表理事組合長は
「今後、横手を日本一の複合産地にしたい。
農業生産振興の基盤づくりに取り組んでいく。
主役となるのは農家なので農家取得に向けて頑張っていきたい。」
とそれぞれあいさつしました。
posted by 横手かまくらエフエム at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: