2017年11月14日

Y8サミット創快横手市議会

11月13日、「Y8サミット創快横手市議会」が、横手市役所本庁舎7階にある議場で開かれました。
市内8つの中学校から生徒代表合わせて24人が出席し、中学生議員として快適な学校生活を創造するための取り組みについて、報告・政策提案を行いました。
DSCN1286.JPG

サミットは平成26年にはじまり、今年で4回目の開催です。
「認め合い」「感謝」「あいさつ」「つながり」の4つを柱にした「横手市中学校創快宣言」に基づき、今年度は「マナーアップ」をテーマに、活動・実践してきました。

平鹿中学校では、あやめになぞらえ、「いてより先に」「さしい笑顔で」「と目を合わせて」をテーマにあいさつ運動を実施した結果、来校者に褒められるようになり、地域の小学校にも活動を広げた、と報告しました。

また、山内中学校では「情報端末利用に関するマナーアップ活動」を通して、成果があったと報告。そのうえで、スマホなどの情報端末やテレビなどの電子メディアを「家族そろって1時間使わない日」を設定する「横手市家族ふれあいDay」への取り組みを市全体で実施してはどうかと政策提案しました。
橋大横手市長はこれに対し、「意義ある取り組みだと思う。関係機関と相談し、検討したい」と答弁しました。
閉会式では、中学生議員をねぎらい「マナーは人間の品質を表す。自分のためになると思ってマナーアップ活動を続けてほしい。前途洋々の未来を祈念する」と述べました。

今日開かれた「Y8サミット創快横手市議会」の模様は、12月30日(土)午後1時から放送します。
posted by 横手かまくらエフエム at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: