2017年09月09日

児童生徒理科研究作品展開催中!

横手市浅舞公民館蛭野分館で
「横手市小中学校児童生徒理科研究作品展」が開催されています。
IMG_2731.JPG

横手市内の小中学生が、夏休み中に研究・制作した作品597点が展示されています。
IMG_2723.JPG

この展示会は、理科工作・標本採集・研究記録の3つの部門に分かれていて、
横手市教育委員会・横手市理科教育研究会・秋田県発明協会の主催。
毎年この時期に開催され、今年で43回目。

今年もたくさんの個性豊かな様々な作品が展示されています。
IMG_2728.JPG
実際に、さわったり遊んだり、動かしてみることができます。
※こわさないように丁寧に扱ってくださいね♪
IMG_2730.JPG

IMG_2725.JPG
研究記録部門も、とても面白く興味深い作品ばかりで
ついつい見入って、読みふけってしまいました。

たとえば「コカコーラとコカコーラゼロの違い」
「コーラで骨はとけるか」「よごれた靴下のせんたく実験」
「ひこうき雲はなぜできるのか」その他、レモンで電池をつくる実験・・など等

10月には、研究・制作した児童生徒が自ら作品について発表する
「横手市小中学校理科研究発表会」が行われるそうです。

「横手市小中学校児童生徒理科研究作品展」は、
明日10日午後4時まで開催されています。

ぜひ、足をお運び下さい!
IMG_2732.JPG

2017.9.9     高橋 薫
posted by 横手かまくらエフエム at 18:06| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: