2017年07月26日

横手市科学お楽しみ広場が開催されました。

皆さん、こんにちは。
先だっての大雨、大丈夫でしたでしょうか。

被害にあわれた皆様に、心からお見舞い申し上げます。


今日、横手市立大雄小学校では、
H29年度 「横手市科学お楽しみ広場」が開催されました。

横手市内の理科の先生方が中心となって活動している
「横手市理科教育研究会」と「横手市教育委員会」
の共催で今回で9回目です。

今日は、横手市内の小学生4年生〜6年生までの150人が参加。
「音の不思議を楽しもう」「黒い温泉卵を作ろう」「マイナス196℃の世界で遊ぼう」
「スカイ・スクリュー、どこまで飛ぶかな?」など、11のブースに分かれ、
担当の先生の指導のもと、それぞれ実験やものづくりを楽しみました。

黒い温泉卵をつくろう
IMG_2353.JPG
始めに、雄川荘など様々な施設の温泉水の性質を調べます。
IMG_2352.JPG
ある溶液を加え、青くなればアルカリ性、黄色が酸性
緑になれば中性とのこと。
横手清陵学院中学校の生徒さんがお手伝い
IMG_2354.JPG

こちらは「音の不思議を楽しもう」
IMG_2360.JPG
グラスに水を入れ、グラスのふちを指でやさしくなでると
不思議な音が!

空とぶ円盤のコーナー
IMG_2363.JPG

−196℃の世界で遊ぼう
IMG_2371.JPG
液体窒素は−196℃で沸騰するのだそうです。
そのとても冷たい液体を使ってのいろいろな実験
IMG_2372.JPG
柔らかいボールや、花や野菜はどう変化するのでしょうか・・・

風と遊ぼう 紙飛行機や凧を作って飛ばします。
IMG_2383.JPG

IMG_2385.JPG

スカイスクリューのコーナー
IMG_2393.JPG

傘袋ロケットを飛ばそう!
IMG_2394.JPG

音の鳴る道具を作って遊ぼう!
IMG_2399.JPG

IMG_2398.JPG
その他、スライム作りや、乾電池作り、
空気砲作りなどのコーナーも大人気でした。

「科学おたのしみ広場」は、児童の科学に対する興味・関心を高め、観察・実験や
ものづくりなどの活動に親しむ機会を充実させるとともに、
横手市の理科担当教員の指導力向上を図るために
H20年から毎年この時期に開催されています。

少し先ですが、8月15日午前7時半〜
再放送8月16日(水)午前7時10分〜の
横手BOEチャンネルで
「科学お楽しみ広場」について
子どもたちのインタビューを交えて放送します。

ぜひ、お聞き下さい。

会場の大雄小学校 4月に大雄小の児童が植えたホップのグリーンカーテン
IMG_2347.JPG
こんなに立派になっていました。

2017.7.27       高橋 薫




posted by 横手かまくらエフエム at 16:22| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: