2017年07月14日

アイスドリアンに新味??

横手市の小松屋本店で発売している「アイスドリアン」。
二代目の小松平吉さんが太平洋戦争中に南方で食べたドリアンの食感を
元に作ったという、横手の銘菓でなめらかな舌触りが特徴です。
現在はミルクとあずきの2種類で展開されていますが、70年ぶりの新味が発売されます。
横手商工会議所青年部と小松屋本店のコラボで、7月22日のよこての全国線香花火大会での
販売をめざし、新味の開発が行われ、本日試食会が行われました。

DSC02306.JPG

パッケージの感じではまだちょっとわからない・・・

DSC02312.JPG

つぶつぶ・・・?ん?さくさくしてる・・・

DSC02300.JPG

正解は、なんと「もろこし」!
さくさくとした食感と、甘さが際立つ一品。

制作者である小松屋本店の小松ひろあきさんは
「秋田みやげのもろこしを久しぶりに食べてみたところ、改めておいしいと思ったのが
きっかけです。うちでアイスも作っているし、もろこしのアイスというのは聞いたことが
なかったので作ってみました。
苦労した点はほろりとする食感。
もろこしを食べたことのない人たちに味わってもらいたかったので、
ラングドシャにしてアイスに入れました。」

DSC02316.JPG

試食会での評価は上々。もう少し改良を加え発売に備えます。
アイスドリアン「横手もろこし味」は、7月22日に開催される
よこての全国線香花火大会で200本限定発売となります。
posted by 横手かまくらエフエム at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: