2017年02月25日

味噌と地産地消「発酵・食農フォーラム」が開催!

今日午後、横手市のかまくら館ホールで、
味噌と地産地消「発酵・食農フォーラム」が開催されました。
IMG_1697.JPG
発酵文化伝統食として身近な「横手の味噌」の再発見や、
横手産の食材を使用した料理の普及、
また、幼少期からの食育活動や地産地消の大切さなどを伝えていくことを目的に
横手市農林部 農業ブランド創造課の主催で行われました。

横手の食材を使ったレシピコンテスト2016の表彰式や、
よこて発酵文化研究所「よこて味噌開発プロジェクト」の活動発表、
レシピコンテスト受賞作品の振る舞いなどの他、
食育・地産地消映画「いただきます。みそをつくる子どもたち」の上映会、

最後に、よこて発酵文化研究所顧問で東京農業大学名誉教授 
農学博士の小泉武夫氏が「味噌と日本人〜食育にみる味噌の効用」と題して講演しました。
IMG_1685.JPG

会場はおよそ150人の老若男女で賑わいました。

参加した50代の女性は、「昔から何気なく食べてきた味噌が、
実はすごい力を持っているのだということが改めてわかった。
春から県外で生活する子どもに、味噌だけは持たせたい。
味噌汁だけは自分で作って飲むように伝えたいと切実に思った。」
と、感想を話していました。

私も、小泉氏の講演を聞きながら同じことを感じていました。
この春から一人暮らしを始める方々にもぜひ聞いてもらいたい内容でした。

こちらは、横手の食材を使ったレシピコンテストで最優秀賞を受賞した
横手明峰中1年 高垣 杏 さんが考案した「干しもち汁」の振る舞いの様子↓
IMG_1693.JPG
大人気でした!おいしかった!
私もごちそうになりました。

干しもちに
IMG_1680.JPG

肉や野菜がたっぷり入った豚汁風味噌汁を注ぎます。
IMG_1678.JPG

IMG_1696.JPG
下の方に見えるのが「干しもち」サクサクしてとてもおいしかったです。
素揚げしているので時間がたってもサクサク感はかわらないとのことです。

栄養のバランスも良いし腹持ちもよさそう。
何より、体の中から温まります。
皆さんもぜひ作って食べてみてください。

2017.2.25    高橋 薫


posted by 横手かまくらエフエム at 18:21| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: