2015年09月25日

横手市児童生徒理科研究作品展授賞式

昨日午後、横手市役所本庁舎で、『横手市児童生徒理科研究作品展授賞式』が行われました。
第41回を迎えた今年の作品展には、市内19の小学校から602点が出展され、
審査の結果、6名の児童が特別賞に選ばれました。

受賞したのは、
雄物川小学校5年・奥山大輝さん
朝倉小学校6年・高橋萌果さん
十文字第一小学校4年・廣田禮士さん
横手南小学校6年・伊藤丈陽さん
増田小学校6年・糯田琉晴さん 
の6名です。
IMG_8515.JPG

主催者の横手市理科教育研究会 会長の酒井浩 黒川小学校校長は、
『これからも日常的に出会う様々な疑問をそのままにせず、
調べたり聴いたりして研究や工作に活かし、挑戦していってほしい』と、感想を話しました。
IMG_8513.JPG

高橋市長は、『皆の取り組みは、他の友達の手本や目標になる。研究には体力と精神力が必要。心身を鍛え、来年も賞がとれるようがんばってほしい』と、お祝いの言葉を述べました。
IMG_8514.JPG

「横手市児童生徒理科研究作品展」は、横手市内の児童生徒が、
理科学習を通して得た知識・技能・探究心を基に科学的な製作活動や研究に取り組むことができるように、
また、
研究作品を展示することで児童生徒のがんばりを地域に発信することを目的に、
毎年行われています。

2015.9.25  高橋 薫
posted by 横手かまくらエフエム at 09:01| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: