2013年06月27日

アダプト・ロード・プログラム

どうも、ノリックです。

6月26日にヨコウン株式会社が行いました、
「アダプト・ロード・プログラム」の取材に行って来ました。
ちなみにこの取材は昨年に引き続き2回めです。 (昨年の模様はこちら

アダプトとは「養子にする」という意味があります。地域住民や企業・学校などが自分の住んだり、
働いたりしている近辺の地域の道路の一定区間や公園などの里親となり清掃を行うボランティア
活動のことです。

ヨコウン株式会社は2010年に秋田県平鹿地域振興局から「アダプト・ロード・プログラム」の
認定を受け、国道13号から県道横手大森大内線・三本柳までの道路の里親となり今回で13回目の活動です。

今回はプロバスケットボールbjリーグの秋田ノーザンハピネッツの
田口成浩選手と館山健太選手が参加し、総勢25名で歩道の掃除や砂礫の回収を行いました。
ちなみに、ヨコウン株式会社は秋田ノーザンハピネッツのオフィシャルパートナーです。

昨年よりも気温が低く、作業するには絶好のコンディションでした。
アダプトロード.JPG
IMG_8714.JPG
ハピネッツの両選手も頑張っていました。

田口、館山両選手のインタビュー、
そしてヨコウン株式会社の新入社員の皆様のインタビューは7月1日の
17:30からの「週刊ハピネッツ通信」の中でご紹介させて頂きます。
IMG_8730.JPG
IMG_8768.JPG
またこちらの模様はヨコウン株式会社のホームページ、秋田ノーザンハピネッツの公式ブログにも掲載されています。
是非チェックしてください。
posted by 横手かまくらエフエム at 14:19| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: