2021年09月10日

横手やきそば四天王決定戦2021 開催延期

横手やきそば四天王決定戦実行委員会は、10月9日・10日に開催を予定していた「横手やきそば四天王決定戦2021」の延期を決定しました。

横手やきそば四天王決定戦は予選会となる覆面審査により選ばれた店舗が秋田ふるさと村に出店し、来場者の投票数によりその年の四天王店を決めます。
昨年は、新型コロナウイルスの影響により2日間の開催を1日に縮小し、特別編として開催しました。今年は2年振りの通常開催を予定していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない状況を鑑み、苦渋の決断となりました。

今後は、開催時期や開催方法について状況をみながら検討します。

例年通りの横手やきそば四天王決定戦が開催されないことから、今年は覆面審査で選ばれた8店舗を「推奨店」として認定します。

横手やきそば四天王決定戦2021の推奨店は

 ・出端屋
 ・食い道楽 本店
 ・食い道楽 横手駅前店
 ・ステーキハウス スフィーダ
 ・藤春食堂
 ・北海屋
 ・皆喜多亭
 ・魯句彩亭

以上の8店舗です。

IMG_3066.JPG
昨年の「横手やきそば四天王決定戦2020 横手やきそばチャンピオンズ・カーニバル」の様子
posted by 横手かまくらエフエム at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雄小学校の枝豆収穫

昨日午前、大雄の横手市園芸振興拠点センターで「大雄小学校の枝豆収穫」が行われました。この体験は、農業体験を通してふるさと横手の自然や、農業への関心を高め、横手への誇りと次世代に伝える心を育むことを目的としています。

★IMG_0501.JPG

6月に枝豆の播種をした後は、横手市園芸振興拠点センターの作業員や研修生が草取りや防除、食害を防ぐために糸を張るなどの管理をしてきました。
昨日収穫したのは、「味自慢」と「雪音」の2品種。
大雄小学校6年生およそ30名は、自分の背丈より大きく生長した枝豆を友達と声を掛け合いながら協力して収穫しました。

★IMG_0496.JPG

★IMG_0499.JPG

その後のもぎ取り作業では、小さい莢も見逃さないように真剣な表情で取り組みました。

★IMG_0508.JPG

★IMG_0507.JPG

最後は、みんな待っていました!試食会。「いい香り!」「甘い!」という声とともに笑顔いっぱいの児童たちでした。

★IMG_0517.JPG

大雄小学校6年生の照井まさと さんは「収穫は思ったより力が必要だったけど、1本の枝にたくさんの実がなっていてびっくりした。もぎ取り
作業は、量がたくさんあるので農家さんはすごいと思った。」と話しました。

今後、大雄小学校の6年生は食農体験プログラムの一環として、6月に大豆から仕込んだ手前味噌の樽開きを12月に行う予定です。

大雄小学校の枝豆収穫について「アグリカルチャーあぐりっこ」でもお伝えします。
放送は9月11日土曜日 午前9時30分ころ
再放送は9月15日水曜日 午前8時15分ころ

ぜひお聴きください♪
posted by 横手かまくらエフエム at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする