2021年07月27日

新しい街になります

今日午前、横手市駅前町で横手駅東口第二地区の再開発新築工事の起工式が行われ、工事の順調な進捗と安全を祈願しました。

DSC08244.JPG

横手駅東口第二地区は、旧ユニオンビルや横手ステーションホテル、JA秋田ふるさとを含む周辺地域で、4月下旬からこのエリアに仮囲いが始まり、5月からは一部解体も始まっています。

式が行われた会場テント内には、完成予想のCGがモニターで表示され、その隣には外観の様子がパネルで展示されました。

DSC08269.JPG

新型コロナウイルス感染防止が徹底された中で、設計者や施工者のJV、地権者などの関係者およそ40人の参加し、厳かな雰囲気の中で式は執り行われました。

DSC08253.JPG

式典に際して、
佐竹敬久秋田県知事は「第一地区の再開発から10年。よこてイーストは多くの方々に利用されにぎわいを取り戻している。県のいろいろなところで横手市の前向きな姿勢について聞く。完成で終わりではなくどのように活用するかが大切。もっともっと良い街になるようにご協力をお願いしたい。」

DSC08260.JPG


また、橋大横手市長は「第一地区の再開発でだいぶ人が集まるようにはなったが、多くの市民から駅前はどうにかならないのかという声を多くいただいた。この第二地区の再
開発で立派に仕上がったあとは全横手市民から愛される中心市街地になるよう魂を入れていきたい。」

DSC08264.JPG

工事の工期は令和7年3月15日まで行われ、商業施設、住宅、駐車場等が新設されます。
また、旧ユニオンビル跡地にオープン予定の新公益施設には、4階建ての建物が建設され
3階と4階には、横手市大町から移転する横手図書館が移転することになっています。
posted by 横手かまくらエフエム at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする