2021年04月15日

未来の横手の農業を担う5名!よこて農業創生大学校 入校式

今日午前、横手市園芸振興拠点センターで
「よこて農業創生大学校 農業技術研修生 令和3年度入校式」が開催されました。

横手市では、「よこて農業創生大学校 研修育成事業」として今年度、
「地域で学べ!農業技術研修生」5名を受け入れました。
今年度は、平成24年度の研修制度開始以来、初めて研修生5名のうち3名が女性研修生で、女性農業者の育成が期待されています。
IMG_0130.JPG

式では始めに、橋大横手市長が「横手は、様々な品目に取り組める地域。農業の志を持った人が横手の未来を支えると思っている。自分の能力を活かし、経験と努力を積み重ねて成長してほしい。」と挨拶しました。
IMG_0128.JPG

その後、新入生ひとりひとりが入校のきっかけとなった出来事やこれからの2年間について決意発表を行いました。入校のきっかけは様々ですが横手の農業を支える若手農家になりたい熱い思いが伝わってきました。

横手市十文字町に移住してきた神奈川県出身の田中さんは、
「神奈川県の高校で畜産について学び、農業に興味をもった。十文字町にある祖父の家の農業を継ぐために参加した。たくさんの方の手を借りながら充実した研修生活を送りたい。そして2年後には若手農家として頑張りたい。」と抱負を述べました。
IMG_0133.JPG


今年度の横手市園芸振興拠点センターでの研修は、2年目生5名を含め10名でのスタートとなります。


新入生の声は4月17日(土)午前9時30分からの「アグリカルチャーあぐりっこ」でもお伝えします。
再放送は4月21日(水)午前8時15分からです。ぜひお聴きください♪
posted by 横手かまくらエフエム at 09:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする