2021年01月28日

8人の光る頭で社会を明るく!

今日午前、雄物川町にある交流センター雄川荘で、光る頭で社会を明るくしようと活動している『雄物川光頭会』が今年の番付編成会議を開きました。

雄物川光頭会は、平成3年に結成し、現在は65歳から92歳までの8人で活動しています。
今日の会議では、会員7人が毎年恒例の「光頭相撲」と「吸盤網引き」の2種目で競いました。光頭相撲では、行司の「はっけよい、のこった」の合図とともに頭に載せた手ぬぐいを外して対戦。行司が頭の輝きや色つやを念入りに調べ、勝者に軍配を上げました。
◆光頭相撲の様子◆
★IMG_0083.JPG

★IMG_0084.JPG

対戦相手の光り輝く頭に吸盤を貼り付けて、一方の吸盤が外れるまでひもを引っ張り合う「吸盤網引き」では、取組後に頭に赤いあざができるほど激しい引き合いを繰り広げました。
◆吸盤網引きの様子◆
★IMG_0091.JPG

★IMG_0089.JPG

吸盤網引きで6連覇を飾った高山誠一さん77歳は、入会以来負け知らず。
「ここまでくると負けたくないという気持ちがあった。6連覇することが出来て嬉しく思う。コロナ禍である今、みなさんに少しでも明るい気持ちになってもらいたい。」と優勝の喜びを話しました。
◆吸盤網引きで優勝に輝いた高橋誠一さん◆
★IMG_0095.JPG

雄物川光頭会は、現在会員を募集しており、高橋万蔵会長は「町外の人も歓迎している。髪のことは気にせず、一緒に楽しもう。」と呼びかけています。
posted by 横手かまくらエフエム at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

かまくら出来てます

横手市では、かまくら職人によるかまくら作りが最盛期を迎えています。

DSC07410.JPG

コロナウイルス感染拡大を受け、観光行事としてのかまくらは行わず、地域伝統行事として、規模を縮小しての開催となる今年の横手の「かまくら」。

例年かまくらが作られている横手市役所前、横手公園、二葉町、羽黒町の4か所にかまくらは設置されませんが、依頼があった町内やふるさと村に、あわせて35基ほど作られる予定です。

今日は、横手市中央町の飲食店「よこてのわがや」でもかまくら制作が行われ、4人の職人がかまくら職人の揃いのジャンパーにマスク姿で作業を行いました。
雪を積み上げ、しっかりと踏み固め、時には道路を挟んだ位置からバランスを確認しながらかまくらのなだらかなフォルムを作り上げていきました。

DSC07409.JPG

かまくら職人の北嶋親方は、「今年は雪が多くて、よせでがらつぐるからなんぎしている。雪質は水が多くて作りやすい。来年はコロナもなく、楽しい雪まつりになって欲しい」と話しました。

今日から穴あけが始まったかまくら制作、このあと補修なども含めて2月14日まで作業は続きます。
posted by 横手かまくらエフエム at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

今週のあぐりっこは?

「アグリカルチャーあぐりっこ」
今回は、1/14開催の食農体験の様子をお届けしますよ♪
紙芝居で食育のお話とイチゴの試食会!その後にはイチゴの収穫体験を行いました!真っ赤なイチゴに子供たちは大はしゃぎでした(^^♪

★食育のお話
IMG_0058.JPG

★イチゴの収穫体験
IMG_0069.JPG


放送は1月23日土曜日 午前9時30分ころ
再放送は1月27日水曜日 午前8時15分ころ

ぜひお聴きください♪
posted by 横手かまくらエフエム at 15:24| Comment(0) | 番組、コーナー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

果樹農家の声

横手市は今月11日、積雪が193センチと観測史上最大を記録し、除排雪作業中の事故が多発。6日から災害派遣要請を受けた自衛隊が除排雪するなど、近年まれにみる大雪に市民は苦しんでいます。

特に果樹農家の被害は深刻です。
増田町の樹園地でリンゴや桃を作っている佐々木淳さんによると、果樹農家は毎日手作業で枝の堀上作業をしていると言い、収量は例年の三分の一ほど減少するだろうと見ています。
佐々木さんは「10年前の大雪もひどかったが、今回でとどめを刺された。近くの果樹農家は離農すると言っていた。」と話しました。

【写真:佐々木淳さん提供】
DSC_0765.JPG

DSC_0762.JPG

DSC_0768.JPG

どんなことが一番助けになるか聞くと、
「人によって違うと思うが、苗木と補修のための道具・工具に助成があると心強い。正しく補修するための講習会も開いてもらえたら皆助かるのではないか」と述べました。
また「疲れをいやしたくても増田には温泉がない。さわらびやゆうらくがあれば・・・」と苦笑交じりに話しました。

JA秋田ふるさと管内では、ハウスの倒壊やりんごの枝折れ、ぶどう棚の倒壊など深刻な被害が発生しており、ハウスの倒壊だけで804棟。これからも増える見込みです。

JA秋田ふるさとは農業災害対策本部を12月25日に設置。情報収集のほか、被害状況に合わせた対応策を関係各所と検討しています。
JA秋田ふるさと 営農企画課の宮川さんは「農家のモチベーションが下がらないようにしたい。県や市に支援のお願いをしている。」と話しました。

22日も秋田県・横手市・JA秋田ふるさとの各担当者が集まり、支援策や議会予算措置について話し合います。
posted by 横手かまくらエフエム at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

今週のあぐりっこは?

「アグリカルチャーあぐりっこ」
今回は、横手市雄物川町で菌床しいたけと水稲を営んでいる
佐藤宏和さんにお話しを伺いました。
JA秋田ふるさときのこ総合部会長も務めている佐藤さん。
現在の作業状況、大雪による影響など・・・聴いてきましたよ!

★IMG_0051.JPG


放送は1月16日土曜日 午前9時30分ころ
再放送は1月20日水曜日 午前8時15分ころ

ぜひお聴きください♪
posted by 横手かまくらエフエム at 11:43| Comment(0) | 番組、コーナー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする