2020年07月29日

Y8メンバーと横手市議会議員との政策形成懇談会

今年11月に中学生議会「Y8サミット創快横手市議会」が開かれるのを前に、
Y8サミットメンバーと横手市議会議員との政策形成懇談会が行われました。
おととしまでは各中学校の代表が本会議場で市議会や横手市に対し、いじめのない快適な学校生活を送るための取り組み発表などを行ってきましたが、去年から視野を広げ、横手市の将来を考えた政策提案をするスタイルになりました。

28日に行われた政策形成懇談会は、実際に予算を付け実施できる政策提案を目指して生徒達が準備を進める中で、現役議員からアドバイスをもらう絶好の機会となりました。
この日は横手北中学校に市内7つの中学校から生徒代表合わせて28人が集まり、学校ごとに分かれたテーブルに、横手市議会議員24人がアドバイザーとして着席。生徒たちは、積極的に発言するとともに政策提案への具体的なアドバイスを受け、熱心にメモをとっていました。

DSCN2590.JPG

DSCN2573.JPG

DSCN2593.JPG

DSCN2579.JPG

横手明峰中学校は、シニア世代をターゲットにした地域活性化を政策提案する方針で、生徒会長の藤原光翼さんは「議員の方から、シニア世代の生活リズムを崩さないような事業を…、とアドバイスをもらい提案内容が明瞭になった。本番までより良いアイデアにし、この破天荒な事業を成し遂げられるようにしたい」と意気込みを語りました。

横手市の伊藤孝俊教育長は「今年は再質問も取り入れて、より本格的な議会に近い形で実施する。市長の答弁に即座に対応し意見を重ね、自信をもって政策立案してほしい」と期待を込めました。

第7回中学生議会「Y8サミット創快横手市議会」は、11月19日に開催予定です。

〜お知らせ〜
本番への意気込みを各中学校生徒会長にインタビューしました。
9月14日10:40〜「もっと教えて!横手市議会」で放送予定です。

posted by 横手かまくらエフエム at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする