2020年02月25日

秋田県立近代美術館 企画展「山岳の美・水辺の美」

IMG_1097 (2).JPG

4月13日までの間、秋田県近代美術館 5階展示室で
企画展「山岳の美・水辺の美」が行われています。

秋田県立近代美術館 では、毎年 年度末に収蔵品の企画展を行っており、
その中でも「自然」をテーマにした作品を多く収蔵していたことから、
今回は山と水辺にスポットを当て開催されました。

日本画をメインに、洋画・彫刻など55点が展示されています。

高い山から水辺へ下るという意味合いから、山岳の作品に始まり、
水辺の作品で終わるよう展示されています。
中国の想像上の山・蓬莱山に松竹梅、鶴や亀を忍ばせ描いた
各作家の縁起の良い絵に始まり、金箔と群青で描かれた
富士山の屏風など華やかな作品も並びます。

IMG_1098.JPG

また水辺では、雪景色に浮かぶ水芭蕉の群れや、
照明の当て方にもこだわりを置いた海辺の彫刻など、
幻想的な世界が繰り広げられています。

IMG_1099 (3).JPG

IMG_1102 (1).JPG

秋田県出身の画家のものや、
東北にゆかりのある絵を中心に集めており、
さまざまな技法で描かれる山や水辺の美しさはまさに絶景です。

秋田県立近代美術館 学芸主事の藤井正輝さんは、
「日本を代表する富士に始め、ふるさと秋田の美しさや
そこに生きる動植物の姿を展示しているので、
自然の持つ魅力をぜひ味わってもらいたい。
老若男女とわず来ていただけたら」と話しました。


秋田県立近代美術館では、
3月1日 (日) 14:00〜
学芸員によるギャラリートークも行われます。

IMG_1104.JPG
posted by 横手かまくらエフエム at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする