2020年02月22日

けんか梵天!金澤八幡宮奉納梵天

IMG_1045.JPG

2020年2月22日(土)「金澤八幡宮奉納梵天」が行われました。

地元ではお馴染み「ケンカ梵天」とも呼ばれているこの梵天は、
金澤八幡宮の大鳥居前でおよそ400年前から行われている伝統的な行事です。

毎年、鎮火祭の2月18日に開催されていましたが、
大人も子供も参加しやすいようにと昨年より土曜日に開催されるようになりました。

午後2時、町内会ごとに異なるはっぴを着た男たちが、
町内や道中の祓い清めを行いながら、金澤八幡宮の大鳥居前に集結しました。

IMG_0998.JPG

IMG_0999.JPG

IMG_0984.JPG

今年も、梵天の頭飾りにはピカチュウやオリンピックシンボルなど、
それぞれに個性あるものが並び、会場を湧かせました。

そして、金澤八幡太鼓保存会の勇壮な太鼓が鳴り響くと、
音に合わせて梵天のぶつけ合いが始まりました。

IMG_0994.JPG

IMG_1013.JPG

IMG_1004.JPG

町内同士でぶつけ合った後に、大鳥居をくぐり、
雪の坂を大きな掛け声と共に男たちが上がっていきます。

IMG_1021.JPG

ひとつの梵天につき3回まで、これを行います。
全ての梵天奉納が終わると、大鳥居前でお菓子まき、餅まきが行われました。

IMG_1043.JPG

IMG_1048.JPG

IMG_1054.JPG

今回の餅まきは、横手市と美郷町の企業25社の協力のもと行われ、
集まった人たちは大人も子供も夢中になって拾いました。


歴史文化の里づくりをすすめる会 会長の本間 恒さんは

「今年度は雪が少なかったため、鳥居前に雪を運んで来て坂を作った。
北小の子供たちが奉納してくれたので、合わせて若い親御さんたちも
参加してくれて良かった。
餅まきも継続してやっていきたいと思う。
子供たちも参加しやすい梵天をこれからも続けていきたい」

と語りました。

この「金澤八幡宮奉納梵天」
来年度は、2021年2月20日(土)に開催される予定です。
posted by 横手かまくらエフエム at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする