2020年02月06日

第3回みんなde読もう!新聞コンクール表彰式

新聞記事を読んでの感想を小中学生から募集した「第3回みんなde読もう!新聞コンクール」の表彰式が5日、横手市役所条里南庁舎で行われ、最優秀賞の児童生徒に表彰状などが贈られました。横手市教育委員会の主催です。
DSCN2336.jpg

 新聞に親しむ習慣を身に付けてもらおうと開催し、今年で3回目です。
昨年、市内の小中学校から作品を募集したところ、全17小学校から3639点、全6中学校から1603点が寄せられました。取り上げる記事は児童生徒が自ら選び感想を書きました。

 最優秀賞に輝いたのは、小学校低学年の部は浅舞小学校1年の栗田陽菜さん、中学年の部は横手南小学校3年の秋山翔真さん、高学年の部は浅舞小学校6年の菅原康平さん、中学校の部は横手明峰中学校の伊藤瑠菜さんでした。

横手南小学校3年の秋山君は、産経新聞の『地震災害で壊れた銭湯が募金により復活』という記事を選んで感想を書きました。選んだ理由を「災害で大変な時に力を合わせて一つの目標に取り組んでいることに感動した。他の人にも記事を伝えたい」と述べました。

伊藤教育長から盾を受け取る秋山君
DSCN2327.JPG

伊藤孝俊横手市教育長は、5年前から子どもたちの言語活動の充実のため市内全小中学校で「新聞の日」を設けていることに触れ、「読み手の子供たちの成長を感じる。小学校高学年になるとこども新聞ではなく一般紙を読んでの感想が6割を超えている。これからも様々な新聞を多く読み、いろいろなことを考えられる人になってほしい」と話しました。

横手市教育委員会は、「第3回みんなde読もう!新聞コンクール」の入賞作品をまとめた冊子を発行しており、各学校に配布しているほか、市内の図書館で自由に閲覧することが出来ます。
また、2月18日の横手BOEチャンネルでは、最優秀賞受賞者4名のインタビューを放送する予定です。
posted by 横手かまくらエフエム at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第14回いぶりんピックが行われました!

横手市の特産品、いぶりがっこの出来栄えを競う第14回「いぶりんピック」が今日、横手市山内の山内公民館で開催されました。

DSC06103.JPG

いぶりんピックは生産者の交流と技術と品質の向上のために行われ、
主催は、横手市と山内いぶりがっこ生産者の会です。

DSC06117.JPG

金樽を手にするのは一体誰なんでしょうか!

今日は天然由来の添加物のみを使用し、出場者自ら生産したいぶりがっこを競う
「いぶりがっこクラシカル部門」 16点と、
いぶりがっこを含め、燻製した食材を活用した創作メニューで競う
「いぶりフリースタイル部門」 7点の審査が行われました。
DSC06109.JPG

DSC06113.JPG
外国の方もいました!秋田大学の留学生の方だそうです。

DSC06119.JPG
出品者のみなさんも他の家のはどうかしら?と楽しそうに試食していました。

副市長をはじめとした10名の審査員が、ずらりと並んだいぶりがっこを、口をゆすぎつつ、味や見た目などを真剣な表情で審査。会場にはパリパリとおいしそうな音が響きました。


審査の結果、いぶりがっこフリースタイル部門 最優秀賞は橋トシさんが選ばれました。そして、いぶりがっこクラシカル部門 金賞には中村ちかこさんが選ばれ、賞状と金樽が授与されました。中村さんは、「塩分・甘さを控えめでシンプルにこだわりました。普段いぶりがっこを漬けているのは主人で私は裏方。夫婦でいただいた賞だと思ってこれからも頑張りたいと思います。」と話しました。

DSC06177.JPG

posted by 横手かまくらエフエム at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする