2020年02月18日

横手のかまくら(振り返り)

DSC00024.JPG
ゲストハウス平源
今年は記録的な暖冬となり雪不足となりました。

2月に入りドカッと雪が降り我々は横手に住んでいるんだということを思い出すとともに雪まつりへの助け舟となりました。

暖冬は雪まつりへ少なくない影響を与えましたが、今年も無事に行われました。

DSC00036.JPG
蛇の先川原ミニかまくら
横手かまくらFMでも特別番組「ぐるっと横手の雪まつり」を放送しました。

雪まつりの賑わいをお届けできたと思います。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

皆さんの雪まつりにかける思いを強く感じました!

来年は程よい積雪となるよう御祈念申し上げます。
DSC00020.JPG
鍛冶町こうじ庵
posted by 横手かまくらエフエム at 13:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

よこてのぼんでん!ジョヤサ!

17日午前、よこての雪まつりを締めくくる梵天奉納が旭岡山神社で行われました。

今年は雪が少なく石段が露出していて危険な個所もありましたが横手若集は力強く参道を駆け上がりました。

DSC00114.JPG
ジョヤサ!の掛け声とともに本殿へ駆けあがり激しいぶつかり合いが行われます。

DSC00107.JPG

時には2本、3本と一度に奉納されます。

DSC00128.JPG
ぼんでんが終わると一気に季節は春へと向かいます。
posted by 横手かまくらエフエム at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

じょやさー!ぼんでんコンクール!

今日午前、横手市役所本庁舎を会場に「令和2年ぼんでんコンクール」が行われ、
絢爛豪華な頭飾りを載せたぼんでんが会場を賑わせました。
今年も昨年と同様、本ぼんでん32本、小若ぼんでん14本、えびす俵1基が参加しました。
会場は朝から横手若衆や観光客が集まり、会場は熱気に包まれました。

DSC06208.JPG

では、結果です。

特選 秋田県知事賞は、栄友和会
一等 秋田県議会議長賞は 永建会
二等 秋田県観光連盟会長賞 野球クラブ横手シャークス
同じく二等 横手市長賞は、タプロス
同じく二等 横手市議会議長賞 羽根山
三等 横手商工会議所会頭賞は、三枚橋梵天奉納会
同じく三等 横手市観光協会会長賞 潟アテック横手営業所
同じく三等 雪まつり委員長賞 住吉町町内会
同じく三等 ぼんでん委員長賞 黒川青年有志
同じく三等 旭岡山神社奉賛会会長賞 安田原昭和会


DSC06193.JPG

特選に選ばれた、明智光秀の勇ましい姿を頭飾りにした栄友和会の代表は、
「今年はスタートが遅くなったが、みんなの協力があって間に合った。四年連続の
受賞となったので、来年もがんばりたい。」と話しました。

そのほかのぼんでんもご紹介しましょう!

DSC06205.JPG

一等の永建会は高御座をイメージした頭飾り。細かい作り!

DSC06195.JPG

住吉町々内会は、ミッキーがくるくる回り、旗が上下していました!

DSC06198.JPG

令和おじさんでおなじみの菅官房長官のぼんでんも!



さて、今日コンクールに参加したぼんでん、えびす俵は明日、横手市役所本庁舎前を10時頃に出発し、旭岡山神社に奉納されます。
posted by 横手かまくらエフエム at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

「後三年合戦 顕彰活動の歩み〜明治・大正・昭和〜」

IMG_0953.JPG

3月29日までの期間、後三年合戦金沢資料館で
令和元年度 第3回特別展示
「後三年合戦 顕彰(けんしょう)活動の歩み〜明治・大正・昭和〜」
が行われています。

IMG_0950.JPG

IMG_0949.JPG

この特別展は、横手市金沢地区で語り継がれてきた地域の伝承を守り、
思いに触れてもらいたいという気持ちから開催されました。

展示は、金澤八幡宮周辺の絵地図や、昭和天皇が皇太子時代 金沢に行啓
された際のお写真、地域住民を中心とした顕彰団体である
「金澤保古会」で制作された書籍などです。

IMG_0951.JPG

中でも注目は「眇石班魚(すがめかじか)諸越」用の木型と
「後三年合戦絵詞」の模写・製作をおこなった戎谷南山(えびすやなんざん)が
描いた絵地図です。

IMG_0952.JPG

「眇石班魚諸越」は、本業を菓子屋としていた戎谷南山が
後三年合戦の言い伝えでも有名な魚・カジカをモデルに作成した菓子のことで、
その繊細な造りの木型などが展示されています。

絵地図は南山の手描きで、当時の技術では考えられないほどの
正確で美しい図が描かれています。

解説員の佐々木さんは
「若い人たちにも、ロールモデルとまではいかなくとも、
こう云う人が居たんだなと知って貰えれば」と話しました。

後三年合戦金沢資料館では、3月8日に
講話イベント「金沢地区における史跡顕彰活動の歴史と伝承」
が行われます。
posted by 横手かまくらエフエム at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

まもなくかまくらです

横手の小正月行事「かまくら」まであと3日となった今日、市内は快晴で気温がグングン上がり、最高気温は5度t近くになりました。
横手地域では多くのかまくら会場近くで除排雪作業が行われました。
雪のため、本来は2車線だった道路が1車線になっているところや、道幅が狭く交互通行せざるを得ない道路も、除排雪が終わるとスムーズに車が通れるようになりました。

かまくら会場のひとつ、横手城のかまくらはすでに穴が開き、水神さまを祀る神坐もできていました。台湾から家族旅行に来たという一家は、かまくらと横手城をバックに記念撮影をしたり、子どもとかまくらに入ったりして楽しんでいました。鳥海山を指さし、「遠くに見える山がとてもきれい。かまくらは初めて見たが大きくて驚いた。この後は岩手や山形にも寄っていく」と話していました。
IMG_7112.JPG

一方、かまくら職人にとってはありがたくないお天気だったようです。平源前のかまくらで作業をしていたかまくら職人の親方・北嶋勝雄さんは「様々なところから協力を得てようやくここまで来たが、今日はきゃどぽんぽんじくて気持ち悪いくらいの天気。かまくらは雨に弱いから明日明後日の天気が心配だ。」と話しました。

秋田地方気象台によると、このあとも気温の高い日が続き、雨で雪解けが進むため、なだれ注意報を県内の広い範囲に発令し、注意を呼びかけています。

横手の小正月行事かまくらは2月15日16日、ぼんでん奉納は17日です。車両通行止めなど交通規制が行われるので、詳しくは横手市観光協会までお問い合わせください。
posted by 横手かまくらエフエム at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする