2020年01月30日

石坂洋次郎文学記念館「石坂洋次郎と婦人雑誌」

IMG_0837.JPG

1月29日(水)〜3月31日(火)まで石坂洋次郎文学記念館で、
テーマ展示「石坂洋次郎と婦人雑誌」が開催されています。

IMG_0832.JPG

この展示は、「青い山脈」などでも知られる
文豪・石坂洋次郎の長編小説「暁の合唱」が婦人雑誌「主婦之友」に
連載されたことをきっかけに、これ以降も多くの婦人雑誌に作品を
発表していることから、開催されました。

IMG_0833.JPG

今回の展示では、洋次郎に関係する「婦人雑誌」を中心に、
雑誌12点、冊子などを合わせて29点を展示しています。

IMG_0835.JPG

中でも、書籍化されることのなかった作品が掲載されている雑誌もあり、
貴重な資料を見ることができます。

当時の婦人雑誌は、現在のA4サイズと違い、
やや小さいA5サイズほどで、分厚く、掲載されている内容は
小説やエッセイなどが多くを占めます。

そのほかにも、戦前戦後それぞれの献立やレシピ、
当時の身近なものを使用した化粧方法の記事なども
合わせて展示されています。


解説員の石川 愛子さんは、

「今と昔の婦人雑誌の違いを見比べていただきたいのと、
当時のものに載っていたそのほかの記事なども展示しています。
そういったものも楽しんで見て欲しい」

と話しました。



この展示は、3月31日まで開催されています。
なお、毎週月曜日は休館日となっていますのでお気を付けください。

***********

石坂洋次郎文学記念館
テーマ展示「石坂洋次郎と婦人雑誌」


場所:秋田県横手市幸町2-10
電話:0182-33-5052

休館日:月曜(2月17日は開館)・祝日の翌日
開館時間: 9:00〜16:30
入館料:高校生以上100円、中学生以下無料
posted by 横手かまくらエフエム at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

光頭会番付編成会議

DSC09806.JPG
今日午前、頭髪の極めて少ない人たちで結成されている「光頭会(こうとうかい)」の番付編成会議が横手市雄物川町のおものがわ温泉 雄川荘で開催されました。
DSC09827.JPG
会議では、頭の輝きを競う「光頭相撲」と頭に付けた吸盤を引き合う「吸盤綱引き」の2種目が行われました。
光頭相撲では行司の「はっけよい!」の掛け声とともに自慢の頭の輝きを競い合いました。行司はLEDライトで輝き具合を入念に確認し勝者に軍配を上げました。
DSC09844.JPG
また、「光頭相撲」の後は「吸盤綱引き」が行われました。
吸盤綱引きは、ひもの両端に吸盤が付いたものを頭につけ互いに引き合う試合です。ハゲしい引き合いで自慢の頭から吸盤が外れると頭には真っ赤な跡が付いていました。
決勝戦では今回新たに入会した湯沢市岩崎の小原さんと昨年まで4連覇中の高山さんの勝負となりました。
新人の小原さんは64歳と会員の中では最年少で期待されましたが、熱戦の末高山さんが勝利。5連覇となりました。


光頭会は「髪の薄さにくよくよせず、自分たちの光る頭で社会を明るくしていこう」と平成3年に結成されました。多い時には30人ほど会員がいましたが年々減少し、今日は8人の参加となりました。
光頭会では随時会員を募集しているとのことです。
DSC09865.JPG
今年は報道陣も多かったです。
posted by 横手かまくらエフエム at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

さかえ館「議会報告会・意見交換会」

今月29日まで、横手市議会の活動状況の報告や市政について市民と意見交換を行う「議会報告会・意見交換会」が開催されています。

26日午後は、横手地域のさかえ館で、横手市議会と栄地区会議との共催で開かれました。17人の参加者と6名の横手市議会議員が3つのグループに分かれ、主に『人口減少に伴う高齢化・公共交通・空き家問題』をテーマにおよそ1時間半、活発な意見交換を行いました。
DSCN2316.JPG

DSCN2318.JPG

参加者からは「空き家問題に市がもっと積極的にかかわってほしい」、「免許を返納すると家にこもりがちになり病気や介護リスクが上がる。公共交通の整備をしっかりしてほしい」などの要望が上がりました。また、最近全国各地で水道管の老化が話題になっていることから、横手市のインフラ整備についての質問も出ました。
横手市議会議員は、参加者の意見に耳を傾け、現状や制度について説明し、最後は各班で出た意見をまとめて全体発表を行いました。
DSCN2319.JPG

分かりやすいですね
DSCN2315.JPG

閉会後、栄地区会議議長の和賀完治さんは「グループに分かれた事で参加者全員が意見を述べることができ、普段考えていることを率直に話せた。喫緊の問題・課題を市へ働きかけ、われわれ市民の生活をより良いものにしていってほしい」と話し、横手市議会へ期待を込めました。

また、菅原恵悦議員は「身近な問題をたくさん話していただけた。期待に応えられるよう市と一緒に取り組んでいきたい。」と話しました。

今年度最後の「議会報告会・意見交換会」は、1月29日に境町のふるさと館で行われる予定で、横手市議会では現在、地域住民に参加を呼び掛けています。
posted by 横手かまくらエフエム at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

【1月22日発表】かまくらイベント情報について

横手市観光協会から1月22日に発表された
2020年の 横手のかまくらについてのお知らせです

雪不足の状態が続いた場合の行事について変更となる会場・イベントの情報です。

【かまくら】
二葉町通りは、かまくらを例年から3基減らした6基で対応します。
羽黒町通りは、制作場所に重機を入れることができないため、かまくらは
横手南小学校に移して制作するべく学校と調整中です。

【ミニかまくら】
蛇の崎川原のミニかまくらは、灯りをともすイベントでの対応を検討中。
横手南小学校のミニかまくらは、中止または規模縮小の見込みです。

【雪像】
雪の芸術は、2月5日ごろに委員会にて対応が協議されます。

【その他イベント】
ミニかまくら作り体験は中止となりますが、かまくら先取り体験は例年通り
開催されます。

いずれも雪不足の状態が続いた場合の対応です。

また、ぼんでんコンクール・ぼんでん奉納は例年通り開催予定です。
posted by 横手かまくらエフエム at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

頑張れ!かまくら職人さん

DSC09793.JPG
1月22日夕方の横手公園の様子です。

職人さんたちが雪を積んでいました。武者だまりには4基作るみたいです。

雪不足で大変ですが頑張ってください!

ちなみにミニかまくらは中止ではなく「このまま雪がなければ無理」とのことです。

雪さえ降ればミニかまくらもやりますよ!

去年の様子
DSC08161.JPG
posted by 横手かまくらエフエム at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする