2019年08月29日

大きさにびっくり!「ジャンボスイカコンクール2019」

IMG_9245.jpg

8月29日(木)JA秋田ふるさと十文字集出荷所で、
十文字地区の農家が栽培したスイカの重さを競う
「ジャンボスイカコンクール」が開催され、
金沢保育園、植田保育所、睦合保育所の子供たちが集まりました。

IMG_9242.jpg

IMG_9252.jpg

このイベントは、十文字地区をスイカの産地としてより盛り上げるため、
JA秋田ふるさと十文字営農センターが実施しているものです。

 十文字地区のスイカ農家を対象に、
コンクール出品用スイカの作付けを呼び掛け、
およそ25人が飼料用品種「カロライナクロス」を栽培しています。

今回は、農家から10個と金沢保育園から2個の、合わせて12個が出品されました。

IMG_9239.JPG

IMG_9236.jpg

IMG_9238.JPG

IMG_9240.JPG

IMG_9241.JPG

IMG_9248.jpg

IMG_9258.jpg

去年に引き続き、今回の優勝者は 藤原潤一さんで、
スイカの重さは104 キロでした。

IMG_9263.jpg

IMG_9261.jpg

昨年の優勝したスイカ、82キロよりも更に重く、
大人4人がかりによりトラックで運んできました。

金沢保育園の 園児・しまだ ひろき君は
「保育園で作ったスイカの方が大きいと思っていたのに、
もっと大きいスイカがあってびっくりした」
と目を丸くしていました。

IMG_9292.jpg

IMG_9290.jpg

IMG_9284.jpg

IMG_9288.jpg

優勝者の藤原潤一さんは、
コンクール用のスイカを作り始めておよそ35年になり、

「今年は天気も良かったので、
40キロくらいになった頃から水を1日おきに多く与えていた。
肥料はあまり与えなかったが、妻が毎日スイカに笑顔で「大きくおがれよ」と
声を掛けてくれたので、今年はこんなに大きく成長したように思う。
来年もこの取り組みがある限り、頑張ってスイカを作っていきたい」

と話しました。

IMG_9267.jpg


今回出品されたスイカは、
2位から3位のものは秋田ふるさと村と道の駅十文字に展示され、
「ジャンボスイカ重さ当てクイズ」用に使用されます。
4位以下のものはJA秋田ふるさと十文字支店に展示されます。


IMG_9276.jpg

IMG_9279.jpg

IMG_9287.jpg

IMG_9283.jpg

IMG_9294.jpg

IMG_9273.jpg

IMG_9275.jpg

IMG_9286.jpg

--------------------------------------------------

「ジャンボスイカ重さ当てクイズ」

開催日時:2019年8月30日 午前11時〜9月3日 正午まで
開催場所:@十文字道の駅/A秋田ふるさと村

実施方法:2か所それぞれに設置されたスイカの重量を投票によって当ててもらいます。
各会場に、応募用紙が設置されています。

正解に最も近い人、各会場1名(計2名)に、
JA秋田ふるさと産「あきたこまち(令和元年産)」10キロ
又は、ふるさと産野菜の詰め合わせをプレゼントされるとのことです。

※正解プレゼントの対象者が複数人いる場合は抽選で1名様になります。

詳細は「JA秋田ふるさと十文字営農センター」まで。

--------------------------------------------------
posted by 横手かまくらエフエム at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横手やきそばキャベツ収穫体験!

IMG_9158.jpg

IMG_9157.jpg

IMG_9156.jpg

IMG_9159.jpg


8月27日、晴天に恵まれた横手市・金沢孔城館近くの畑で、
金沢十二牲担い手生産組合 指導のもと、
横手北小学校3年生73名によるキャベツの収穫作業と、
横手やきそばの試食会が行われました。

IMG_9162.jpg

IMG_9174.jpg

 この活動を主催した「横手やきそばサンライ'S」は、
横手やきそばの具材となるキャベツを、子供たちにも栽培してもらうことで
「まちおこし活動の一員」になってもらい、
より横手市を盛り上げるきっかけになればと企画しました。

このキャベツは、今年の6月13日に植え付けしたもので、
横手北小学校の児童らは初めてのキャベツ収穫体験に
「こんな形のキャベツを見るのは初めて」と楽しんでいました。

IMG_9179.jpg

IMG_9178.jpg

IMG_9175.jpg

IMG_9177.jpg

IMG_9176.jpg

IMG_9186.jpg
たくさんのメディア来訪に、珍しがる子供たち。
記者さんが人気者に!


今回、指導に当たった金沢十二牲担い手生産組合の本間さんは、
「今回のキャベツは、YRという横手やきそばに適した少し固めの品種を植えた。
最初こそ順調に育っていたものの、キャベツは冷涼な気候を好む野菜なので、
今年の夏は猛暑によって芯が固くなってしまった。
子供たちはとるのが大変だったかもしれない」と話しました。

IMG_9182.jpg
いいキャベツが採れたかな?


収穫後は、横手北小学校前のテントで、
横手やきそばサンライ'Sが横手やきそばを児童の目の前で調理し、
ショーさながらの盛り上がりを見せました。

IMG_9207.jpg

IMG_9187.jpg

IMG_9193.JPG

IMG_9191.jpg

IMG_9189.jpg

IMG_9195.JPG

IMG_9201.JPG


調理後、児童は横手やきそばと中に入ったキャベツを食べながら
笑顔で箸が進んでいました!

IMG_9214.JPG

IMG_9212.JPG

IMG_9210.JPG

IMG_9208.JPG

IMG_9228.jpg

IMG_9233.jpg

IMG_9229.jpg

IMG_9231.jpg
出来たて、アツアツの横手やきそばを「美味しい!」と食べる子供たち。

IMG_9226.jpg

今回、キャベツの収穫に挑戦した横手北小学校児童は、
来週末に秋田ふるさと村で開催される「横手やきそば四天王決定戦2019」で、
この取り組みについての発表を行います。

IMG_9218.jpg
横手やきそばTシャツ、かわいいバックスタイルですね。
posted by 横手かまくらエフエム at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする