2019年08月19日

むのたけじ特別展「それは『たいまつ十六年』から始まった」

DSC00185.JPG

DSC00182.JPG

DSC00180.JPG

雄物川図書館2階たいまつ記念室にて、
「戦争撲滅」を訴え続けた、秋田県出身のジャーナリストむのたけじの展示、
令和元年度 第1回特別展
「それは『たいまつ十六年』から始まった」

が開催されています。

「たいまつ十六年」は

「暗い日本の社会に火を灯そう。
自分自身を燃やし尽くすことによって世の中を明るくしよう」

という思いで発行された新聞「たいまつ」をまとめて出版したもので、
むのたけじが一躍世に出るきっかけとなった1冊です。

DSC00178.JPG

雄物川図書館では、
平成30年より横手市に寄贈された資料の常設展示を行っていますが、
今回は56年前の8月16日に開催された
「たいまつ祭り 武野(むの)武(たけ)治(じ)を励ます会」と時期を合わせて、
特別展示が企画されました。

今回展示されているものは、
出版直前の「たいまつ15周年記念 たいまつ祭り」の資料や、
「たいまつ十六年」の初版本、
「たいまつ祭り 武野武治を励ます会」が開催された時の写真、
本人の書斎も再現されています。

image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg

image5.jpeg

雄物川図書館の佐藤輝明さんは

「これから日本の未来を担っていく世代に、戦争のことを知り、
むのさんのメッセージを見てぜひ何か感じてもらいたい」

と話しました。

特別展は以下の通り開催されています。

会期:〜9月29日まで
開館時間:午前10:00〜午後6:00(毎週水曜日は休館日)
場所:雄物川図書館2階たいまつ記念室
★入場無料★

posted by 横手かまくらエフエム at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOKOTE音FESTIVALが、横手市内の中心部7カ所で行われました。

「まちを音と笑顔であふれさせたい」をスローガンに、
有志でつくる実行委員会が、音楽で街を元気にしようと
市民から運営ボランティアを募って毎年開催。今年で9回目。
地元で活動するミュージシャンのほか、大阪や静岡など
県内外で活動するプロ・アマミュージシャンを中心に、
保育園児のマーチング演奏などバラエティー豊かな90組が
出演しました。

〇よこてイーストにぎわい広場会場
埼玉県 エンターティナーユニット espoir
DSC00491.JPGDSC00497.JPG

〇光明寺公園会場
山形県 Rocket☆Hopper  フリースタイルユニット
DSC00480.JPG


〇高橋耳鼻咽喉科
眼科クリニック駐車場
Cherry Glory 秋田県出身の大学生4人でお送りするバンド
DSC00484.JPG


〇九品寺
A.O.BANd 
DSC00482.JPG


〇よこてイースト駐車場
演奏後のインタビューです♪
DSC00493.JPG

〇ライブ以外でも会場には、ご当地グルメの出店や、
横手駅前商店街による屋台などの飲食ブースも登場
、炎天下の下、冷たい飲み物を飲みながらライブを
楽しんでいる人の姿が多くみられました。

よこてイースト駐車場
DSC00486.JPGDSC00487.JPG


同時開催として、Y2プラザオープンスペースで行われた、
横手駅前商店街振興組合主催の「エコライフフェスタ」は、
夏休みの自由研究にピッタリの体験型ワークショプという
事もあり、多くの家族連れらでにぎわいを見せました。


皆さんとまた来年お会いできるのを楽しみにしております♪

開催までの準備なども含めて
実行委員の皆さん炎天下の下お疲れ様でした。



posted by 横手かまくらエフエム at 07:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする