2019年01月08日

平成31年横手市新春賀詞交歓会

1月8日火曜日、平鹿生涯学習センターにて毎年恒例の横手市新春賀詞交歓会が開催されました。
今年は平成最後の交歓会として昨年より多い、およそ300人が参加。
IMG_3912s.jpg

橋大横手市長は、「秋商や金農、そして地元雄物川高校のバレー部が善戦し、スポーツ立市でもある横手市にとって幸先の良い新年のスタートだと思う。しかし熊本での6弱の地震など全国で天災があり、横手市でも油断なく気を引き締め安心安全の防災に強い街を目指して参りたい。
また市長として就任6年目、猪突猛進でやってまいりましたが今年も引き続き市政に猛進して参りたいと思います。」と話しました。
IMG_3893s.jpg

その後、関係者による鏡開きが行われ、横手商工会議所の奥山和彦会頭から乾杯の挨拶が行われました。
IMG_3899s.jpg

奥山会頭は、「2019年、今年はめまぐるしい変化が多い年となります。年号が変わる、消費税が10%になる。各選挙が行われる。など本当にいろんなことが起きる年です。
しかし私たち商業に携わる者として、前を見て果敢に進んでいかなければいけないと思います。」と話しました。
IMG_3904s.jpg

この他にもこの交歓会では、2月に開催される東京キャラバンのブースや5月に開館を予定している増田まんが美術館のブース、そして地元特産品を紹介するブースなどあり、参加者は、新年の歓びと挨拶を交わし、情報交換や未来に向けての展望など話をして盛り上がっていました。

posted by 横手かまくらエフエム at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする