2018年09月04日

りんごの出発式が行われました。

今日午後、JA秋田ふるさと醍醐選果場で
平成30年産りんごの出発式が行われ、
りんご部会、市場流通関係者およそ50名が集まりました。

今年は、高温干ばつの天候が続きましたが、
生育は平年並みに推移しているとのこと。

JA秋田ふるさとりんご部会では
販売目標の12億達成に向けて
高品質なリンゴの生産に努めています。

早生種「さんさ」は、8月27日、
「つがる」は8月28日に収穫を開始。

9月下旬からは「やたか」
10月下旬からは「王林」
そして、「ふじ」の収穫が始まります。

秋田県内や関東、関西市場に
2月上旬まで出荷の予定とのこと。

JA秋田ふるさとりんご部会 会長の粟津信幸さんは
「天候・自然と向き合っての作業だが、
やっとこの日が来た。今日は、これからの作業の安全、
災害のないようにと祈願した。
消費者においしいリンゴを届けられるよう
生産者皆で一生懸命頑張りたい。」と挨拶しました。


出発式の模様は以下の通りです。

JA全農あきた青果物キャンペーンガール
「ミス・フレッシュ」による試食会
IMG_4520.JPG

振る舞われたりんごは「つがる」
IMG_4537.JPG

IMG_4521.JPG

私も試食させていただきました。
さわやかな酸味と、シャキッとした食感。

まだ暑さの残る今の時期にうれしい美味しさです!


神事
IMG_4546.JPG


ドライバーへの花束贈呈
IMG_4547.JPG

テープカット
IMG_4551.JPG

「この台風がよけくれるように」と祈願し
出席者全員 でトラックを見送りました。
IMG_4554.JPG

IMG_4555.JPG

今日は早生品種の「つがる」16トンを、
関西と中京方面へ出荷。
IMG_4535.JPG


主力品種の「ふじ」は
11月頃出荷が始まるとのことでです。


2018.9.4   高橋 薫






posted by 横手かまくらエフエム at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする