2018年06月18日

キリン株式会社と協定

DSC02477.JPG
横手市とキリン株式会社は今日、「持続可能なホップ産地づくりと、横手産ホップを通じた地域活性化に関する連携協定」を結びました。
この協定は、「持続可能なホップ産地づくり」「ホップ・ビールを軸とした『食』『農』『観』にまつわる産業の活性化」、「ホップを通じて、ワクワクする取り組みや新しいチャレンジが生まれ、市民が誇りに思う街づくり」の三つを連携テーマに掲げ、横手市とビールの未来を共にはぐくむ活動を進めるために締結しました。
横手市大雄のホップ畑で行われた締結式で高橋大横手市長は「ホップの一大産地あっての締結、より一層この動きをとらえて、新たな若手の担い手の創出、育成につなげていければ。」と話しました。
今後、勉強会などを開き、新規就農者の獲得などを進めるとのことです。
posted by 横手かまくらエフエム at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする