2018年01月25日

笑顔で明るく!光頭会

1J5A9902.JPG
25日午前、頭髪の極めて少ない人たちで結成されている「光頭会」の番付編成会議が横手市雄物川町のおものがわ温泉雄川荘で開催されました。
会議では、頭の輝きを競う「光頭相撲」と頭に付けた吸盤を引き合う「吸盤綱引き」の2種目が行われました。
光頭相撲では行司の「はっけよい!」の掛け声とともに自慢の頭を競い合いました。行司は虫眼鏡を使い入念に色艶を確認し勝者に軍配を上げました。

また、「光頭相撲」の後は「吸盤綱引き」が行われました。
吸盤綱引きは、ひもの両端に吸盤が付いたものを頭につけ互いに引き合う試合です。こちらも相撲の様に「はっけよい!」の合図で引き合います。ハゲしい引き合いで自慢のピカピカ頭から吸盤が外れると頭には真っ赤な跡が付いていました。

吸盤綱引きで優勝した雄物川町里見の高山誠一さん74歳は今回で三連覇。「たまたま勝てて驚いている。吸い付くようにつけると負けない」と話しました。

「光頭会は髪の薄さにくよくよせず、自分たちの光る頭で社会を明るくしていこう」と平成3年に結成されました。多い時には30人ほど会員がいましたが年々減少し、今日は6人の参加となりました。
光頭会では随時会員を募集しているとのことです。
1J5A9917.JPG
posted by 横手かまくらエフエム at 13:32| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする