2021年10月15日

今週のあぐりっこは?

「アグリカルチャーあぐりっこ」
今回は、横手市園芸振興拠点センターの回です。
10/3に行われた”よこてイースト秋フェス”で農産物販売を行った
1年目研修生の様子をお届けします♪

★IMG_0621.JPG

★IMG_0620.JPG

★IMG_0623.JPG

午前10時から始まり、いものこやきゅうりはすぐ完売しました!
その他、カラーピーマンのプチピー、トマト🍅
ハバネロやトウガラシなどたくさんの農産物が並びました

1年目研修生の初めての販売体験は・・・どうだったのでしょうか😏
研修生おすすめの食べ方も教えてもらいました('ω')ノ


放送は10月16日土曜日 午前9時30分ころ
再放送は10月20日水曜日 午前8時15分ころ

ぜひお聴きください♪
posted by 横手かまくらエフエム at 09:34| Comment(0) | 番組、コーナー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

醍醐保育園サツマイモ収穫!●●●も発見!

きょう午前、社会福祉法人 育童会 醍醐保育園に隣接した圃場で『醍醐保育園野菜栽培交流会 サツマイモ収穫』が行われました。この行事は、醍醐保育園の年中・年長園児を対象に行う野菜作り体験として毎年行われています。

★IMG_0610.JPG

6月に定植をした後は、醍醐保育園の園児が水やりなどを行ってきました。
今回収穫したサツマイモは「紅はるか」という品種で、甘みが強く、しっとり食感が特徴です。
醍醐保育園の年中・年長園児44名は、大きく育ったサツマイモをJA秋田ふるさと青年部平鹿支部の部員と一緒に掘り起こしました。ツルを引き抜くと次々と出てくるサツマイモに大喜びの様子でした。
収穫していると、普段見ることのないネズミや大きなゲジゲジを発見し大はしゃぎ。圃場を元気に走り回る園児たちでした。
その後は、抱えきれないほどの大きなサツマイモを落とさないように慎重にコンテナまで運びました。

★IMG_0597.JPG

★IMG_0605.JPG

★IMG_0612.JPG

醍醐保育園 年中の長谷山こうだいくんは、「サツマイモいっぱい掘れて楽しかった。早く焼き芋が食べたい。」と笑顔を見せました。

醍醐保育園 年長の阿部ゆずかちゃんは、「大きいサツマイモがたくさん採れて楽しかった。お味噌汁の中に入れて食べたい。」と話しました。

★IMG_0601.JPG

収穫したサツマイモは給食のさつま汁として提供されるほか、園児たちがお家に持ち帰って美味しくいただきます。

★IMG_0614.JPG
→年中 たんぽぽ組

★IMG_0616.JPG
→年長 ゆり組
posted by 横手かまくらエフエム at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

シャインマスカット果実品評会

きのう午後、秋田県果樹試験場で「シャインマスカット果実品評会」が開催されました。品評会は、JA秋田ふるさと ぶどう無核会が生産者の栽培技術と生産意欲の向上を目的に毎年行っています。

★IMG_0574.JPG

JA秋田ふるさと ぶどう無核会の会員が丹精込めて育てた自慢のシャインマスカット21点が出品されました。秋田県果樹試験場や市場の担当者など8名の審査員が、房の形状や粒の揃い、糖度などJA秋田ふるさと への出荷基準を基にした6項目について審査しました。

★IMG_0571.JPG

★IMG_0580.JPG

JA秋田ふるさと ぶどう無核会 小川会長は、「今年は予想以上に収量が少なく、地域によってもバラつきがある。そんな中でも、生産者が一生懸命育てたシャインマスカットの品評会が開催できたことを嬉しく思う。JA秋田ふるさと管内のシャインマスカットは10月中旬まで出荷予定なので、たくさんの方に食べてもらいたい。」と話しました。

★IMG_0569.JPG

最優秀賞の秋田県平鹿地域振興局長賞は、横手市羽根山の橋陽悦さんが受賞しました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、表彰式は集会の開催が可能な時期に改めて行う予定です。

★IMG_0586.JPG

posted by 横手かまくらエフエム at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和3年度農業体験交流学習 稲刈り体験

きのう午前、秋田県立増田高等学校の圃場で、「令和3年度 農業体験交流学習」の4回目 稲刈り体験を行いました。この学習は、横手市が企画したもので、地元の子どもたちが地域住民と交流を行いながら「食」と「農」の大切さを学ぶことを目的としています。

★IMG_0545.JPG

今年度のテーマは、「ひと粒の種から、ごはんになるまで」。
種まきから稲刈りまでの農作業を、高校生、小学生、地域住民が一緒になって体験します。
今回は、増田高校農業科学科の3年生8名、増田小学校の5年生25名、地域住民が参加。増田高校の生徒が先生役として各班の班長となり、鎌の使い方や刈った稲の束ね方を指導しました。
増田小学校の児童は、「楽しい!」「束ねるのは難しい〜」と言いながら刈り取りを楽しむ姿が印象的でした。

★IMG_0548.JPG★IMG_0552.JPG
★IMG_0551.JPG

およそ1時間かけて稲刈りをした後は、コンバインの実演見学。
手作業と機械の作業時間を比較し、機械のしくみを勉強しました。

★IMG_0565.JPG

増田高校農業科学科3年生の阿部さんは「稲刈りの時は、一株をしっかり握って鎌を引いて刈るのがコツ。増田小のみなさんが楽しく作業をしている姿を見て自分も元気をもらった。次回は最後の学習になるのでこれまでの振り返りをしっかりとしたい。」と話しました。

増田小学校5年生の平良木さんは「4月の種まきから大きく生長していた。チクチクしたけど自分たちが育てた稲をたくさん刈れて
楽しかった。」と初めての稲刈り体験を振り返りました。

★IMG_0563.JPG

「令和3年度 農業体験交流学習」次回は最後の学習で、育てたお米をみんなで食べる予定です。

この様子は「アグリカルチャーあぐりっこ」でもお送りします。
放送は、10月2日(土)午前9時30分〜
再放送は、10月6日(水)午前8時15分〜
ぜひお聴きください!
posted by 横手かまくらエフエム at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月27日

稲刈りの季節です

「新米食べた」「早くない?!」みたいな会話も聞こえてくる今日この頃。
大雄小学校の児童たちは稲刈りをしたようです。

DSC08375.JPG

とってもいい天気。

DSC08379.JPG

順調に刈っていきます。

DSC08384.JPG

そしてあっという間に

DSC08386.JPG

予定した時間より、だいぶ早く終わりました!
指導していた地域の方も
「とても早くて一瞬で終わってしまった。もっと次回は増やさないと。」と言っていました。

先生は「普段の(学校での)生活でしか見ないので、地域の方と活動するのはよい。児童もいきいきしている。」と話しました。


DSC08387.JPG

児童たちは、10月末から11月上旬にカントリーエレベーターを見学してお米についての学びを深める予定です。



posted by 横手かまくらエフエム at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする